メインメニューを開く

源 義高(みなもと の よしたか、生没年不詳)は、平安時代末期の河内源氏の流れを汲む武将。源義忠の次男。

父が暗殺されると、母方の平家で育てられた。左兵衛尉、左馬允、兵庫助などを歴任し、ついに官位は父を凌ぎ、従四位下左兵衛権佐にまでなった。そのため、当時の史料では源氏の棟梁を自負していたともされる。

兄に経国がいるが、経国が関東に下ったのに対し、義高は都に住し、平家が勢力を強めるに従って順調な官途を進んだ。

子に、従五位上河内守源義成がいる。実質的に源義忠の系統の嫡流は兄の経国に代わり、義高の子孫が継承する。義高の子孫は代々北面武士河内国に領地を持つ武士として続いた。