源 致公(みなもと の むねきみ)は、平安時代中期の武将醍醐源氏左大臣源高明の長男である源忠賢の子。清和源氏源満季の養子。官位従五位下下総守

 
源致公
時代 平安時代中期
生誕 天徳元年(957年
死没 寛仁2年(1018年8月
官位 従五位下下総守
氏族 醍醐源氏高明流→清和源氏満季
父母 父:源忠賢、養父:源満季
兄弟 守隆、致公
致任
テンプレートを表示

経歴編集

源満季の猶子となり家督を継ぎ、兵部丞蔵人・下総守を歴任した。正暦元年(991年)春に源頼光と共に鬼賊を討つ。

寛仁2年(1018年)8月に62歳で卒去。

系譜編集