メインメニューを開く

源 舒(みなもと の のぶる)は、平安時代初期から前期にかけての公卿嵯峨源氏参議源明の長男。官位正四位下参議西七条宰相と号す。

 
源舒
時代 平安時代初期 - 前期
生誕 天長9年(832年[1]
死没 元慶5年11月29日881年12月23日
別名 西七条宰相
官位 正四位下参議
主君 仁明天皇文徳天皇清和天皇陽成天皇
氏族 嵯峨源氏
父母 父:源明、母:橘氏公娘・時子
兄弟 、遠
、元、、厳
テンプレートを表示

経歴編集

仁明朝において蔵人を務めたのち、承和14年(847年無位から従五位下直叙される。文徳朝では、斉衡2年(855年美濃権守天安2年(858年雅楽頭を歴任する。

同年8月に清和天皇践祚し、9月に新体制に向けた任官が行われると左兵衛権佐に任ぜられ、同年11月の清和天皇の即位に伴い従五位上に叙せられる。清和朝では、貞観5年(863年左近衛少将、貞観10年(868年左近衛中将、貞観13年(871年蔵人頭、貞観16年(874年右大弁と文武の要職を兼ねる一方で、貞観6年(864年正五位下、貞観9年(867年従四位下、貞観15年(873年)に従四位上と順調に昇進を果たす。清和朝末の貞観17年(875年)には参議に任ぜられ公卿に列した。またこの間の貞観14年(872年)には、渤海国大使・楊成規らが平安京に入京した際、勅使として鴻臚館に赴き、渤海国王・大玄錫の親書及び献上品の虎・豹・熊の毛皮となどを実検し受け取っている[2]

元慶元年(877年)に正四位下左大弁に叙任され、陽成朝でも引き続き近衛中将に大弁と文武の顕職を務める。元慶3年(879年)に官人の給与に充てるために畿内諸国に計4000町の官田が設置(元慶官田)された際には、山城国班田使を務める[3]

元慶5年(881年)2月に左大弁を去り、9月には左近衛権中将から右衛門督に転じたのち、同年11月29日薨去。享年50[1]。最終官位は参議正四位下行右衛門督兼讃岐守

官歴編集

注記のないものは『六国史』による。

系譜編集

尊卑分脈』による。

脚注編集

  1. ^ a b 日本三代実録』の享年50による。『公卿補任』では享年54とし、逆算すると天長5年(828年)生まれとなる。
  2. ^ 『日本三代実録』貞観14年5月18日条
  3. ^ 『日本三代実録』元慶3年12月8日条
  4. ^ a b c d e f g 『公卿補任』

参考文献編集