源 鎮(みなもと の しずむ)は、平安時代初期の貴族嵯峨天皇の皇子。官位従四位上

 
源鎮
時代 平安時代初期
生誕 不詳
死没 不詳
改名 鎮 → 白雲禅師(法名)
官位 従四位上
主君 仁明天皇
氏族 嵯峨源氏
父母 父:嵯峨天皇
母:慶命(百済王教俊の娘)
兄弟 有智子内親王潔姫正良親王正子内親王、貞姫、、全姫、、善姫、秀良親王忠良親王業良親王、基良親王、業子内親王、秀子内親王、俊子内親王、芳子内親王繁子内親王、基子内親王、仁子内親王、宗子内親王、純子内親王、斉子内親王、淳王、、澄、、賢、継、若姫、密姫、端姫、盈姫、更姫、神姫、容姫、吾姫、声姫、年姫、良姫
テンプレートを表示

経歴編集

承和2年(835年)無位から従四位上に直叙される[1]。承和4年(837年神護寺にて出家して真済の弟子となり、白雲禅師と号した。宮中でこの出家を聞いたものは、涙を流したという。[2]

系譜編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 続日本後紀』承和2年2月13日条
  2. ^ 『続日本後紀』承和4年7月22日条
  3. ^ 一代要記

参考文献編集