メインメニューを開く

源 長季(みなもと の ながすえ)は、平安時代後期の貴族醍醐源氏左大臣源高明の曾孫。右馬頭源守隆の子。官位従四位上備前守

 
源長季
時代 平安時代後期
生誕 不明
死没 不明
官位 従四位上備前守
氏族 醍醐源氏高明
父母 父:源守隆
盛長長俊守俊盛雅、寛厳、仁厳
テンプレートを表示

経歴編集

少納言右衛門権佐検非違使佐)・右馬頭・土佐守、備前守などを歴任した。摂関家に仕える家司であると共に、朝廷に仕える官人でもあった。地方官として各地の受領を務め、地方の発展に尽くし、盗賊の捕縛などの記録のある人物で、在世中に良吏であると名を馳せたという。

藤原頼通と親密であったとする逸話がある[1]

系譜編集

尊卑分脈』から

脚注編集

  1. ^ 古事談