源隆俊
時代 平安時代中期 - 後期
生誕 万寿2年(1025年
死没 承保2年3月13日1075年4月1日
官位 正二位権中納言
主君 後一条天皇後朱雀天皇後冷泉天皇後三条天皇白河天皇
藤原寛子(皇后宮職→中宮職→皇太后宮職→太皇太后宮職)
氏族 醍醐源氏高明流
父母 父:源隆国、母:源経頼の娘
兄弟 隆俊隆綱俊明隆基国俊公綱定賢、隆覚、覚猷、長俊、隆信、藤原俊家室、橘俊綱正室
不詳
俊実、隆子
テンプレートを表示

源 隆俊(みなもと の たかとし)は、平安時代中期から後期にかけての公卿醍醐源氏高明流、権大納言源隆国の長男。官位正二位権中納言

経歴編集

後一条朝末の長元8年(1035年従五位下叙爵し、長暦2年(1038年左兵衛佐に任官する。長暦4年(1040年)従五位上・右近衛権少将に叙任されると、長久2年(1041年正五位下、長久4年(1043年従四位下寛徳元年(1044年)従四位上、寛徳2年(1045年)左近衛権中将、永承元年(1046年)右近衛権中将、永承4年(1049年正四位下後朱雀朝から後冷泉朝前半にかけて近衛次将を務めながら昇進する。

永承6年(1051年蔵人頭(頭中将)に任ぜられると、康平2年(1059年参議に任ぜられ公卿に列した。参議任官と同時に近衛中将を止められ、康平4年(1061年)には右大弁を兼ねたほか、修理権大夫を兼帯した。

康平8年(1065年)上﨟参議4名(藤原祐家源顕房藤原経季源資綱)を超えて、正三位権中納言に昇進。翌治暦2年(1066年皇后宮権大夫に任ぜられると、没するまでの約10年に亘って後冷泉天皇后・藤原寛子に仕えた。後三条朝の延久3年(1071年正二位に至る。

承保2年(1075年)3月13日に出家薨去享年51。最終官位は権中納言正二位兼太皇太后宮大夫。没後、太皇太后宮大夫の官職は存命であった父の源隆国が継いだ。

官歴編集

公卿補任』による。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 『近衛府補任』

参考文献編集

公職
先代:
源経長
皇太后宮大夫太皇太后宮大夫
藤原寛子

1073 - 1075
次代:
源隆国
先代:
源経任
治部卿
1067 - 1075
次代:
藤原経季
先代:
源経長
皇后宮権大夫中宮権大夫→皇太后宮権大夫
藤原寛子

1066 - 1073
次代:
藤原宗俊
先代:
源俊房
近江権守
1062 - 1066
次代:
藤原能季
先代:
藤原経家
右大弁
1062 - 1066
次代:
源経信
先代:
源資綱
備前権守
1061 - 1062
次代:
藤原祐家
先代:
藤原資房
周防権守
1057 - 1061
次代:
源資綱
先代:
源資綱
蔵人頭
1051 - ?
次代:
藤原能季