源 頼弘(みなもと の よりひろ)は、平安時代中期の武士官人美濃守源頼国の長男[1]官位従五位下讃岐守(『尊卑分脈』)。

 
源頼弘
時代 平安時代中期
生誕 不詳
死没 不詳
官位 従五位下讃岐守
主君 敦明親王
氏族 清和源氏頼光流(摂津源氏
父母 父:源頼国、母:藤原信理の娘
兄弟 頼弘頼資頼実実国頼綱六条斎院宣旨国房頼仲師光頼房頼任富国明円藤原為房室、藤原師実室、藤原顕家室、藤原良綱室、藤原定輔
家光、明助
テンプレートを表示

経歴編集

尊卑分脈』の記述によれば、小一条院(敦明親王判官代や讃岐守などを務め従五位下に昇ったが、その後出家し三井寺に住した後に入寂したとされる。そのほかの事跡については不明。

子孫は中級の官人として数代に渡って続き、平安末期に京武者として活動した源時光やその子孫で僧となった円勝寺都維那良曉や成勝寺寺主観曉などがあった。

戦国時代蜂須賀氏は、頼弘の子孫と自称した。

系譜編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『尊卑分脈』に大叔父・源頼範の子として「頼弘」の名がみえているほか、弟の頼綱の子範弘(戸島蔵人)と訛伝混同されるなど同人であるのかは不明。

出典編集