メインメニューを開く

願譜代

準譜代大名から転送)

願譜代(ねがいふだい)は、江戸時代外様大名のうちで願い出て譜代大名の扱いとなった者をいう。主に譜代大名の血筋の者が外様大名の家を継ぎ、幕閣において長年の功績を立てるなどした場合、もしくは外様大名が幕政に参画しようとして譜代への格上げを望んだ時[1]にこの扱いとなった。願い譜代とも記され、譜代格御譜代に準ずる大名という場合もある。後世には譜代大名の呼称も使用されるが[2]、歴史学的な用語である。

目次

概要編集

大辞林』では、「相馬長門・脇坂中務・加藤能登・秋田山城・諏訪伊勢・戸沢大和」の6家のみ[3]としているが、小和田哲男藤堂高虎も願譜代に含めており、真田家・堀家も願譜代とする資料が存在する。

該当する大名家が自動的に譜代扱いとなるのではなく、願い出て初めて許可された。また、願い出れば必ず許可されるというものでもなく、堀家のように却下された例もある[要出典]。願譜代となると、江戸城内での伺候席の格が雁の間詰、菊の間詰から帝鑑の間詰に上昇し、老中への道が開かれるとともに官位の面でも従四位下侍従に昇進が可能となるなど、家格が大幅に上昇することとなる。

主な願譜代編集

下記の家が含まれる場合もある。[要出典]

下記の家は、準親藩[11]とも呼ばれる。[要出典]

脚注編集

  1. ^ 稲垣史生・編『三田村鳶魚 武家事典』青蛙房「願譜代」の項目。
  2. ^ 古い用例では大石慎三郎の『日本経済史論』(御茶の水書房、1967年)などに見られる。
  3. ^ 大辞林第三版・ねがいふだいけ【願い譜代家】(コトバンク)
  4. ^ 2代明英若年寄を勤めた功績。
  5. ^ この6家は「大辞林」にも所載されている。
  6. ^ 「小和田哲男選集5: 伊達政宗 真田昌幸・幸村 大坂の陣」学研プラスによる。
  7. ^ 国文学研究資料館の『史料情報共有データベース』の「信濃国松代真田家文書」の解説による。
  8. ^ 正室が春日局の姪であったことによる。
  9. ^ 実質的な藩祖輝政徳川家康の娘婿。
  10. ^ のちに改易となる。
  11. ^ ただし、前田家を準親藩とする場合は同時に鳥取池田家(池田輝政と家康の次女督姫の間に生まれた池田忠雄の子孫)をこれに含める。

参考文献編集