溜息と不安の夜に

溜息と不安の夜に」(ためいきとふあんのよるに)は、日本女性ポップシンガー遠藤舞の楽曲および通算4枚目のシングル2016年9月21日binyl recordsからリリース。楽曲のプロデュースは、GREAT3のメンバー 片寄明人

溜息と不安の夜に
遠藤舞シングル
初出アルバム『最終回
B面 アルペジオ
アイスコーヒー (DVD付盤、mu-moショップ限定豪華盤)
(以下mu-moショップ限定豪華盤のみ)
溜息と不安の夜に -BAND ver.-
Today is The Day -BAND ver.-
レイニィガール
空の木
リリース
規格 マキシシングル
録音 2015年[1]日本の旗
ジャンル J-POP
シティ・ポップ
時間
レーベル binyl records
作詞・作曲 作詞・遠藤舞片寄明人
作曲・クボケンジ、片寄明人
プロデュース 片寄明人
チャート最高順位
遠藤舞 シングル 年表
Baby Love
(2014年)
溜息と不安の夜に
(2016年)
テンプレートを表示

背景・制作編集

女性ポップ・ロックアーティスト・遠藤舞による、前作「Baby Love」から約2年ぶりの4thシングル

表題曲
デビュー以来シングル作品の表題曲はすべて、実力派ロックバンド・ミュージシャンとのコラボを続けており、今作の制作者は「GREAT3」のメンバー 片寄明人がプロデュースを担当。録音演奏では片寄(G)のほか、宮川弾(Key)、白根賢一(Ds)、キタダマキ(B)が収録に参加した[4]
作詞は遠藤自身が初めて担当し、書き溜めたワードを片寄が編集して共作した。作曲は片寄と、ロックバンド「メレンゲ」のメンバー クボケンジとの共作[5]
サウンドは、歴代の表題曲では初のバラード。前作までの「ピアノポップロック」のスタイルは見送られたが、ピアノ・サウンド自体は伴奏に組み込まれている[6]
評価
作詞した本人は「非常に暗いテーマばかりを書いてしまったが、片寄が使える素材にまで編纂してくれた」と、その手腕を明かし謝意を示している[1]
プロデュースした片寄は「遠藤のボーカル部分には一切のアレンジを加えず、修正する必要がなかった」と述べている。また、初回の録音演奏が非常に良い出来だったため、一発録りで済んだ内情を明かしている[7]
カップリング曲[8]
アルペジオ」は、片寄明人(G)と宮川弾(Key)の共作で、軽快なシティ・ポップとなっている。
空の木」は、個人として初のオリジナルであった曲で、主演映画『コネコノキモチ』(2011年5月公開)の主題歌として制作された。長年未収録の状態だったが、今回改めて録音し直し音源化された。
ほか、カバー曲やデビュー曲などの別テイクが、mu-moショップ限定盤などに収録されている。

カバー編集

デビュー以来シングル作品には、カバー曲収録も企画されている。

「アイスコーヒー」
詩人・銀色夏生の詞を楽曲化するバンド・プロジェクト「銀色プレゼンツ」(原田晃)のシングル「輝き」のc/w曲[9]。スタッフが推薦した同曲を、遠藤が気に入り採用した[8]。録音演奏はロックバンド「Glider」が担当[10]。DVD付盤および mu-moショップ限定豪華盤に収録。
「レイニィガール」
自身がかつて在籍していた女性アイドルグループアイドリング!!!」の9thシングル「手のひらの勇気」のc/w曲。今作で初めて、アイドリング!!!の楽曲をカバーしている。mu-moショップ限定豪華盤のみに収録。

リリース編集

楽曲のシングルCDは、通常盤・DVD付盤・mu-moショップ限定豪華盤の3形態でリリース。mu-moショップ購入者のみ期間限定先着で、各形態に生写真(全3種の内1枚)が付属し、全形態セット購入者には生写真全3種のほか、直筆サイン入りA3クリアポスターが付属する[11]

また、mu-mo盤付属のDVDには、遠藤舞ソロデビュー1周年記念のライブ『一歳楽祭』の模様が収録されている。

プロモーション編集

楽曲のプロモーションで、以下のメディアに出演した[12]

TV番組
配信番組
  • look book party vol.3 (2016年8月24日、AbemaTV FRESH)
  • モテたいオンナ (2016年9月5日、AbemaTV)
ラジオ番組

ミュージック・ビデオ編集

リリースに先行して、楽曲のショートバージョンがYouTubeで公開された。フルバージョンはDVD付盤・mu-moショップ限定豪華盤に付属するDVDに収録され、mu-mo盤は別バージョンとなっている。

また、c/w「アイスコーヒー」のビデオも制作され、こちらもリリースと同時に、ショートバージョンがYouTubeで公開された。フルバージョンはDVD付盤のみに収録。

ライブ・パフォーマンス編集

リリースを記念したインストアイベント・ミニライブが、以下の日時・場所で実施された。

「溜息と不安の夜に」リリース記念イベント

以下のイベントに出演し、収録曲をライブ披露している。

メディアでの使用編集

収録曲は以下のメディアで使用された[8]

「溜息と不安の夜に」
「空の木」

シングル収録トラック編集

CD(DVD付盤)
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「溜息と不安の夜に」遠藤舞片寄明人クボケンジ、片寄明人宮川弾
2.「アルペジオ」宮川弾、片寄明人宮川弾 
3.「アイスコーヒー」銀色夏生原田晃 
4.「溜息と不安の夜に」(Instrumental)   
5.「アルペジオ」(Instrumental)   
6.「アイスコーヒー」(Instrumental)   
合計時間:
DVD(DVD付盤)
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「溜息と不安の夜に」(Music Video)  
2.「アイスコーヒー」(Music Video)  
3.「making of MUSIC VIDEO」   
CD(通常盤)
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「溜息と不安の夜に」遠藤舞、片寄明人クボケンジ、片寄明人宮川弾
2.「アルペジオ」宮川弾、片寄明人宮川弾 
3.「溜息と不安の夜に」(Instrumental)   
4.「アルペジオ」(Instrumental)   
合計時間:
CD(mu-moショップ限定豪華盤)
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「溜息と不安の夜に」遠藤舞、片寄明人クボケンジ、片寄明人宮川弾
2.「アルペジオ」宮川弾、片寄明人宮川弾 
3.「アイスコーヒー」銀色夏生原田晃 
4.「溜息と不安の夜に」(-BAND ver.-)   
5.Today is The Day(-BAND ver.-)小出祐介、嵐田光小出祐介 
6.レイニィガールleonn大西克巳 
7.「空の木」雨夏上野聡 
合計時間:
DVD(mu-moショップ限定豪華盤)
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「一歳楽祭 at CAY」(LIVE)  
2.「溜息と不安の夜に –another ver.-」(Music Video)  

脚注編集

  1. ^ a b 遠藤舞より - Offcial facebook
  2. ^ 遠藤舞 溜息と不安の夜に - オリコンスタイル
  3. ^ Top Singles Sales - Billboard-JAPAN
  4. ^ 遠藤舞ニューシングルは片寄明人&クボケンジ共作、演奏には宮川弾やキタダマキも参加 - ナタリー
  5. ^ 遠藤舞、4thシングルで片寄明人、クボケンジと共作&作詞に初挑戦 - BARKS
  6. ^ 遠藤舞、2年ぶりの新曲は片寄明人、クボケンジが共作したバラード「溜息と不安の夜に」 - MUSICMAN-NET
  7. ^ 遠藤舞(ex.アイドリング!!!)4thシングル『溜息と不安の夜に』GREAT3/メレンゲ/Syrup16gのメンバー参加 - billboard JAPAN
  8. ^ a b c リリース記念インタビュー - mu-mo
  9. ^ 銀色夏生、初ライヴで聴かせるせつなく共鳴する魂と自由な精神 - BARKS
  10. ^ Glider公式twitter
  11. ^ 遠藤舞、リリース記念特集でポスター500枚にひたすらサイン - BARKS
  12. ^ 26歳の誕生日を迎えた菊地亜美、元アイドリング!!!メンバーから容赦ないガチダメ出しの嵐! - music.jpニュース
  13. ^ FMヨコハマ主催フリーイベント【みなとみらいKINGDOM】7/30,31開催! トミタ栞/Nakamura Emi/遠藤舞などのライブステージ&番組公録も - billboard JAPAN
  14. ^ アイドリング!!!元メンバー集結、LUKAの20歳を祝福 - ナタリー
  15. ^ 【ライブレポート】「look book party vol.3」 - T-SITE
  16. ^ マジボ、ハイパヨ、J太郎ら「申し訳」20周年祝福、早朝は女子流ライブ - ナタリー
  17. ^ Booing!!!主催「YURICAL FES」に遠藤舞、横山ルリカら - ナタリー

外部リンク編集

binyl recordsによる紹介ページ

avex Channel

mu-mo Channel (avex music creative)