メインメニューを開く

溜池 良夫(ためいけ よしお、1921年8月30日[1] - 2014年10月16日)は、日本の法学者京都大学名誉教授。専門は国際私法

来歴編集

滋賀県大津市出身。1942年、第三高等学校 (旧制)卒業。1946年、京都帝国大学法学部卒業。1946年、京都帝国大学法学部助手(指導教授:齋藤武夫)。1952年、京都大学法学部助教授。1961年、京都大学法学部教授。1966年、京都大学評議員。1987年、法学博士(京都大学)(学位論文「国際婚姻法の基礎的研究」)[2]。1985年、京都大学停年退官、同名誉教授。1985年龍谷大学法学部教授を歴任。1994年、龍谷大学定年退職。司法試験考査委員(1966年-1981年)、国際私法学会理事長(1978年-1983年)を務めた[3]。2014年10月16日、死去[4]。享年93。

主な著書編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『国際私法講義』著者略歴 - Amazon.co.jp
  2. ^ 以上につき、「溜池良夫教授略歴」『法学論叢 116巻1-6号』京都大学法学会、1985年3月、巻末1-8頁。
  3. ^ 以上につき、「溜池良夫教授略歴」『龍谷法学 26巻3-4合併号』龍谷大学法学会、1994年3月、423頁以下
  4. ^ “溜池良夫氏死去 京都大名誉教授、元龍谷大教授”. 京都新聞. (2014年10月21日). オリジナルの2014年10月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141022224546/http://kyoto-np.jp/politics/article/20141021000142 2014年10月23日閲覧。