メインメニューを開く

溝口善兵衛

日本の政治家

溝口 善兵衛(みぞぐち ぜんべえ、1946年1月20日 - )は、日本大蔵財務官僚政治家島根県知事(3期)。

溝口善兵衛
みぞぐち ぜんべえ 
Governor Shimane Zenbe Mizoguchi. In the case of a symposium of the Kojiki, I photographed it at Meiji university.jpg
溝口 善兵衛(2012年)
生年月日 (1946-01-20) 1946年1月20日(73歳)
出生地 日本の旗 島根県益田市
出身校 東京大学経済学部
前職 国家公務員大蔵省財務省
大臣官房総務審議官
財務官
島根県知事
称号 旭日重光章
公式サイト 島根県:ようこそ知事室へ

島根県の旗 公選第16-18代 島根県知事
当選回数 3回
在任期間 2007年4月30日 - 2019年4月29日
テンプレートを表示

来歴編集

 
財務官時代の溝口善兵衛

島根県益田市生まれ。島根県立益田高等学校東京大学経済学部卒業。1968年4月、大蔵省に入省し、理財局総務課に配属された。名古屋国税局や鳥取税務署長を務めた後、外務省研修所を経て1977年より在ドイツ連邦共和国(西ドイツ日本大使館に勤務(当初は二等書記官、のち一等書記官)。1980年に大蔵省へ戻り、主計局大臣官房、国際金融局での勤務のほか、国際復興開発銀行への出向や在アメリカ合衆国日本大使館公使も経験する。1997年より大臣官房総務審議官1998年より大蔵省大臣官房長を務め、2003年財務官に着任。2004年に財務省を退官し、財団法人国際金融情報センター理事長に就任した。

2007年島根県知事選挙に無所属で出馬し、初当選を果たした。

2011年島根県知事選挙(2011)に立候補、再選した。

2015年、3選を目指し島根県知事選挙に出馬。自民党公明党から推薦を受け選挙戦を戦い[1]、3選を果たした[2]

2019年の県知事選には出馬せず政界を引退した[3]。同年、旭日重光章受章[4]。‬

人物編集

年譜編集

脚注編集

  1. ^ “島根県知事、溝口氏が3選”. 日本経済新聞. (2015年4月12日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFB10HJN_S5A410C1000000/ 2015年4月25日閲覧。 
  2. ^ “溝口氏、大差で3選 島根県知事選”. 日本海新聞. (2015年4月13日). http://www.nnn.co.jp/news/150413/20150413057.html 2015年4月25日閲覧。 
  3. ^ {{cite news‬ ‪ | url = https://mainichi.jp/articles/20190427/ddl/k32/010/419000c‬ ‪ | title = 溝口知事財源確保、成果を強調 県政振り返る 退任会見 /島根‬ ‪ | newspaper = 毎日新聞‬ ‪ | date = 2019-04-27‬ ‪ | accessdate = 2015-05-08‬ ‪ }}
  4. ^ 『官報』号外第151号、2019年11月3日
  5. ^ “Commentary: Don't Let Japan's "Mr. Dollar" Get Away With It”. Bloomberg Businessweek. (2004年3月21日). http://www.businessweek.com/stories/2004-03-21/commentary-dont-let-japans-mr-dot-dollar-get-away-with-it 2013年9月24日閲覧。 

外部リンク編集


公職
先代:
澄田信義
  島根県知事
公選第16・17・18代:2007年 - 2019年
次代:
丸山達也
先代:
黒田東彦
  財務省財務官
2003年 - 2004年
次代:
渡辺博史