溝口 真希子(みぞぐち まきこ、1976年 - )は日本の劇作家脚本家演出家映画監督、演劇ユニット・ブス会*主宰者。長崎県出身。早稲田大学卒業。2004年よりペヤングマキ名義でAV監督、2012年からはペヤンヌマキ名義で活動[1][2]

1996年、早稲田大学在学中、三浦大輔主宰の劇団「ポツドール」の旗揚げに参加。2006年にポツドール初の番外公演「女のみち」上演。脚本・演出を手掛ける。2007年“女”シリーズとして第2弾「女の果て」を上演[2]

2010年、演劇ユニット・ブス会を旗揚げ[1]

2015年、『男たらし』が第59回岸田國士戯曲賞の最終候補に[3]

続く2016年にも『お母さんが一緒』が第60回岸田國士戯曲賞最終候補に選出される[4]

受賞歴編集

2000年:「はつこい」(三浦大輔と共同監督)が第25回ぴあフィルムフェスティバル審査員特別賞受賞、PFFin神戸でグランプリを受賞。

主な作品編集

舞台編集

演劇ユニット「ブス会*」公演
  • お母さんが一緒(2015年 下北沢ザ・スズナリ - 作・演出)
  • 女のみち2012 再演(2015年 東京芸術劇場シアターイースト - 作・演出)
  • 男たらし(2014年 下北沢ザ・スズナリ - 作・演出)
  • 女のみち2012(2012年 下北沢ザ・スズナリ - 作・演出)
  • 淑女(2011年 リトルモア地下 - 作・演出)
  • 女の罪(2010年 リトルモア地下 - 作・演出)
ポツドール「女」シリーズ公演
  • 女の果て(2007年 赤坂RED/THEARTR - 作・演出)
  • 女のみち(2006年 THEATER/TOPS - 作・演出)

映画編集

  • 自主映画「はつこい」(2000年  - 監督(三浦大輔と共同監督))

テレビドラマ編集

「ペヤンヌマキ」名義

脚注編集

外部リンク編集