メインメニューを開く

溝口 重雄(みぞぐち しげかつ)は、江戸時代前期から中期にかけての大名越後国新発田藩4代藩主。

 
溝口重雄
Mizoguchi Shigekatsu.jpg
溝口重雄像(宝光寺蔵)
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛永10年[1]7月10日1633年8月14日
死没 宝永5年9月4日1708年10月17日
改名 久三郎(幼名)→宣廣(初名)→重雄
官位 従五位下信濃守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱綱吉
越後新発田藩
氏族 溝口氏
父母 父:溝口宣直、母:森川重俊
兄弟 重雄、主殿、直倫、久、千代、六、辰
正室:松平信綱養女
継室:酒井忠勝
側室:三木氏娘・よつ、昌蓮院[2]
重元市橋直方、外記、逸見元長
女子、よめ、かい、きい、せい、峯、
女子

生涯編集

3代藩主・溝口宣直の長男として誕生。幼名は久三郎。初め宣廣(のぶひろ)と称し、のち重雄と改める[3]

寛永17年(1640年徳川家光に初御目見する。慶安4年(1651年)に従五位下信濃守に叙任する。寛文12年(1672年)父の致仕により家督を継ぐ。天和元年(1681年)以後数度にわたり、松平光長改易後の高田城三の丸の守衛を務める。また元禄12年(1699年)には江戸麻布新堀の普請を務めた功によって、幕府より褒美を賜った。

宝永3年(1706年7月19日に致仕して家督を長男・重元に譲り、悠山と号す。同5年(1708年9月4日に76歳で死去した。法号は勝林宗慧悠山院(悠山院殿前信州大守勝林宗慧大居士とも)。墓所は江戸駒込の吉祥寺。子は4男7女。

重雄の治世は、前代に大火と震災で焼失・破損した新発田城の再建をはじめ、法制の整備や総検地の実施など積極的な政策がとられ、新発田藩政の確立期であると評される。重雄自身は文芸・芸能にも心を寄せた人物で、致仕に際しては刀剣のほかに冷泉為尹筆の「古今和歌集」や冷泉持為筆の「後撰和歌集」を将軍家に献上している。溝口悠山の名で茶人としても知られ、怡渓宗悦の教えを受けて同人の流派を藩内に伝え、越後怡渓派の基礎を築いた。また父・宣直が造営した清水谷御殿に、江戸より幕府庭方の県宗知を招いて庭園を築いた。これが現在の清水園(国指定名勝・旧新発田藩下屋敷(清水谷御殿)庭園)である。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 一部に生年を寛永9年とする文献(『三百藩藩主大事典』など)があるが、ここでは新発田藩「御記録」(『新発田市史資料第一巻 新発田藩史料(1)』所収)に拠った。寛永9年記載は異説というより誤記の可能性が高い。
  2. ^ 重雄の側室で京都の人。新発田藩「御記録」による。『寛政重修諸家譜』では島氏。なお諸説ある。
  3. ^ 将軍世子徳川家宣の「宣」を憚ったため。