溝尾良隆

溝尾 良隆(みぞお よしたか、1941年9月7日[1] - )は、日本の大学教授、観光学者。地域観光学、観光地理学を専門とし、川越市新治村等における地域研究の実績がある。観光に関する各地のシンポジウム、フォーラム等にも多数参加。

目次

人物・経歴編集

群馬県出身[1]東京教育大学理学部地学科地理学専攻卒業、理学博士財団法人日本交通公社主席研究員を経て、1989年より立教大学社会学部教授、1998年観光学科の独立(学部昇格)により観光学部教授、観光学部長(2001年4月‐2004年3月)、城西国際大学観光学部ウェルネスツーリズム学科教授(2007年4月‐2009年3月)、帝京大学経済学部観光経営学科教授(2009年4月‐)。

所属学会編集

著書編集

単著編集

共著編集

ほか多数。

脚注編集

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.345

関連項目編集

外部ページ編集