メインメニューを開く

溷川(せせなぎがわ)は福島県に源流を持つ一級河川で、一級水系阿賀野川水系に属する。

溷川
Sesenagigawa-river at Aizuwakamatsu, Fukushima.jpg
水系 一級水系 阿賀野川
種別 一級河川
延長 20 km
流域面積 45 km²
水源 背炙山(福島県)
水源の標高 863 m
河口・合流先 旧湯川
流域 福島県
テンプレートを表示
支流の不動川、福島県会津若松市一箕町付近
不動川、国道49号不動川橋から

概要編集

会津若松市にある背炙山などを水源とし、同市高野町河東町河沼郡湯川村などを流れる。不動川金山川大工川などの支流を持ち、それぞれ会津若松市から湯川村にかけての区間で溷川に合流している[1]。溷川は阿賀川の3次支流、それぞれの支流は阿賀川の4次支流である。その後本河川は、河沼郡湯川村付近で旧湯川と合流する。旧湯川は合流地点の北(福島県喜多方市塩川地区)で日橋川と合流している。また、会津若松市の市街地は本河川とその支流及び湯川によって生じた扇状地に形成されたとされる[2]

そのほか、古くは渠川とも書かれたされる[3]。加えて、国土交通省が提供する川の防災情報で、湯川村における本河川の雨量[4]と水位[5]を確認することができる。

また、前述のように不動川と呼ばれている支流の上流には、滝沢不動滝(白糸の滝)と呼ばれる滝がある。この滝は、「ふくしまの水三十選」に選ばれている[6]。加えて、本河川のせせなぎとはせせらぎを意味するとされるほか、排水路の意味も持つとされる[3]

支流編集

  • 不動川
  • 金山川
  • 大工川
  • 谷沢川
  • 第1沼川
  • 第2沼川

本河川に架かる橋梁編集

不動川編集

溷川編集

  • 粟の宮橋
  • 館の内橋
  • 溷川橋
  • 橋本橋(会津若松市道)
  • 新溷橋(国道121号
  • 溷橋(会津若松市道)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集