しばしばペーター・フェンディ作とされるエロティカ。水辺で戯れる裸体の男女。
しばしばペーター・フェンディ作とされるエロティカ。男性は水没しているように見える。

溺水性愛(できすいせいあい)は、水泳する人の姿や水中でポーズをとった姿に執着したり、水に浸っての、あるいは、水中での性行為に及ぶような、性的倒錯とされるフェティシズムの形態のひとつ[1][2][3]

アクアフィリアともいうが、これは英語で「水を愛好すること」を意味する aquaphilia の音写であり、その語源はラテン語で「水」を意味する aqua古代ギリシア語で「愛好」を意味する φιλειν (philein) に遡る。性的含意なしに「水と戯れることを好む、楽しむこと」を意味することも多い言葉である。また、ハイドロフィリア (hydrophilia) ともいう。

溺水性愛は、海やプールなど、水辺や水中などに性的興奮を覚える性癖である[4]。さらには溺れることに性的快感を覚えるとも、水中で苦しむ姿を見ることに快感をもつとも説明され[4] 窒息性愛(ハイポクシフィリア、hypoxyphilia)の要素につながるものとされることもあるが、それは必須ではない。

多数の男女が裸体でプールに入り、何らかの性行為に至るようなグループセックスを、ブンガブンガ・パーティーと称することがある[5]

脚注編集

  1. ^ Ramsland, Katherine M.; McGrain, Patrick Norman (2010). Inside the Minds of Sexual Predators. ABC-CLIO. pp. 61–62. ISBN 0-313-37960-2 
  2. ^ Ågmo, Anders (2007). Functional and dysfunctional sexual behavior: a synthesis of neuroscience and comparative psychology. Academic Press. p. 454. ISBN 0-12-370590-8 
  3. ^ Swami, Viren; Furnham, Adrian (2008). The psychology of physical attraction. Routledge. p. 134. ISBN 0-415-42250-7 
  4. ^ a b 異常性癖とは?異常性癖の種類37個と考えられる原因と心理”. inbee (2019年6月10日). 2019年6月17日閲覧。
  5. ^ Barbie Latza Nadeau (2017年7月14日). “Silvio Berlusconis Bunga Bunga Parties”. Daily Beast. 2019年6月17日閲覧。