滋賀県立玉川高等学校

滋賀県草津市にある高等学校

滋賀県立玉川高等学校(しがけんりつ たまがわこうとうがっこう)は、滋賀県草津市野路東三丁目に所在する公立高等学校

滋賀県立玉川高等学校
滋賀県立玉川高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 滋賀県の旗 滋賀県
学区 全県一学区
校訓 自律・友愛・進取
設立年月日 1983年(昭和58年)4月8日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 25144F
所在地 520-0058
滋賀県草津市野路東三丁目2番1号

北緯34度59分37.9秒 東経135度57分34.7秒 / 北緯34.993861度 東経135.959639度 / 34.993861; 135.959639座標: 北緯34度59分37.9秒 東経135度57分34.7秒 / 北緯34.993861度 東経135.959639度 / 34.993861; 135.959639
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

設置学科編集

概要編集

本校は1981年(昭和56年)に、県下5新設高校の一つとして開校した。校訓は「自律・友愛・進取」[1]。高い進学率が特色であり、カリキュラムも基本的に進学を前提としている。

1981年滋賀県議会厚生文教常任委員会により本校の設立を承認した、1982年、県教育委員会に「新設高等学校開校準備室」を設置し、開校事務を開始した、同年の八月、草津市野路町に、敷地54,401㎡の本校用地を買収し、翌年、校舎が竣工した。

校舎の建設が遅れたため、湖南農業高校の旧校舎を借りて開校を迎えた。1983年、第一期建築工事が完成、引渡しを受けて、仮校舎(湖南農業高校)より移転。また、制服は2学期の新校舎移転時まで統一されておらず、大半の生徒は出身中学校の制服を着て1学期を過ごした。このため、入学式の集合写真では、出身中学校ごとに異なる制服を着ている。

歴史編集

歴代校長編集

  • 1983年(昭和58年) - 近藤由昭
  • 1987年(昭和62年) - 太田邦夫
  • 1990年(平成2年) - 松田幸雄
  • 1993年(平成5年) - 本多光
  • 1997年(平成9年) - 八木敏雄
  • 2001年(平成13年) - 國弘正義
  • 2002年(平成14年) - 中川法夫
  • 2004年(平成16年) - 中村喜美夫
  • 2006年(平成18年) - 筈井美邦
  • 2008年(平成20年) - 西田謙二

学区内の著名な施設編集

1983年(昭和58年)4月、校舎が竣工し、奥井善三が前庭ロータリーに校訓石碑を寄贈した。

 
校訓石碑(滋賀県立玉川高等学校)


校歌編集

作曲は東京基督神学校の音楽科主任の天田繋、作詞は南央市が行っている。


「淡海の沃野さわやかに

湖面を渡る風晴れて

希望あふれる若人が

英知のひとみ交わしつつ

真理を求め集いあう

わが学び舎こそ玉川高校


野路の玉川白萩の

昔をしのぶ夢秘めて

理想に生きる若人が

友愛の手を結びつつ

心明るく励み合う

わが学び舎こそ玉川高校


科学の丘に並び立つ

白亜の高楼仰ぎみて

未来を拓く若人が

力と技術を磨きつつ

明日への道を築きあう

わが学び舎こそ玉川高校」[2]

部活動編集

特色豊かな数多くの部活動が存在し、2011年度(平成23年度)には囲碁将棋部、空手道部、フェンシング部が全国大会出場を達成している。

体育部

文化部

著名な卒業生編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集