メインメニューを開く

滋賀県道42号草津守山線

日本の滋賀県の道路

滋賀県道42号草津守山線(しがけんどう42ごう くさつもりやません)は、滋賀県草津市矢橋北交点を起点に守山市播磨田町北交点に至る12.8 kmの県道主要地方道)である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
滋賀県道42号標識
滋賀県道42号 草津守山線
主要地方道 草津守山線
起点 草津市矢橋町【地図
終点 守山市播磨田町【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
都道府県道26号標識
滋賀県道26号大津守山近江八幡線
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
都道府県道18号標識
滋賀県道18号大津草津線
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
都道府県道31号標識
滋賀県道31号栗東志那中線
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
都道府県道11号標識
滋賀県道11号守山栗東線
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

目次

概要編集

矢橋中央交点から木川交点までの間は近江大橋有料道路の一部であった。別名、湖南街道。

制定当時はバイパス部分は少なく、非バイパス区画は集落と集落の中を結ぶように走っていた。しかし、歩道も整備されていない狭い道をトラックなど大型車が度々と通るようになり始めた事や、交通量の増加等により、遂に全線バイパス化工事がスタートした。直線で4車線にするために計画の通り道にあったものは移転されていった。

これにより、最初は矢橋北交点から木川交点までしかなかった4車線バイパスは延長された。

工事は両側から進められ、守山市播磨田町北交点から守山中学校前交点と草津市野村南交点から駒井沢東交点まで開通(開通当初は2車線に規制していた)、次に木川交点と野村南交点の間(滋賀県立草津高等学校や旧草津川がある)を4車線に拡張させた(この時に野村南交点から駒井沢東交点間の2車線規制は解除され、矢橋北交点から駒井沢東交点まで4車線となった)。

現在では駒井沢東交点から守山市と栗東市の市境までの草津市・栗東市内全線が開通、4車線のバイパスとなっており、急ピッチで守山市内の4車線化工事を進めている。

路線データ編集

歴史編集

路線状況編集

重複区間編集

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

 
草津市駒井沢町付近
バイパス
  • 滋賀県道42号草津守山線・滋賀県道143号下笠大路井線(草津市野村)
  • びわ湖通り
  • きらら通り
  • 淡海くさつ通り
  • 滋賀県道31号栗東志那中線(草津市駒井沢町)
  • 滋賀県道42号草津守山線(守山市古高町松塚)

沿線にある施設など編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目編集