メインメニューを開く

滑石製石鍋(かっせきせいいしなべ)とは、長崎県を中心に、平安時代から室町時代にかけて作られていた石製鍋の名称である。

概要編集

材質は滑石製の煮炊き用で、10世紀に始まり、鎌倉時代末期の14世紀前半に最盛期をむかえ、その後16世紀初めまでに消滅した。同じ用途では、土鍋のみならず鉄鍋も存在していたが、この時代に石鍋が広く流通した理由は判明していない。

近畿までの西日本一帯で広く使用され、中世の都市として知られる草戸千軒町遺跡では、数多くの出土があった。群書類従に収録された13世紀末の料理事典『厨事類記』によれば、宮中の饗宴で芋粥の調理に使用されたという。南は沖縄県先島諸島石垣島にも出土する。東日本の考古的調査では鎌倉で大量に発見されるが、それ以外の地域では限定的である[1] 。破損した石片を温石として再利用した例も多く見られる。12世紀初めの記録では、石鍋4個で牛1頭とかなりの高額であったという。

長崎県西海市周辺の西彼杵半島に大規模な採石・製作場遺跡が発見され、生産地の中でも最大の遺跡は、昭和56年(1981年)に「ホゲット石鍋製作遺跡」として国の史跡に指定された。近年、山口県宇部市にも採石場跡が見つかっている。

沖縄のグスク跡を中心とした遺跡の発掘調査では、カムィ焼や中国製陶磁器と並んで出土することでよく知られる。また沖縄では、石鍋の形を真似、陶土に滑石粉末を混ぜ込んだ土器を製作していた。

参考文献編集

  • 名嘉正八郎『図説沖縄の城(ぐすく)』 那覇出版社、1996年

脚注編集

外部リンク編集