滝宮の念仏踊

香川県綾川町に伝わる雨乞いの踊り

滝宮の念仏踊(たきのみやのねんぶつおどり)は、香川県綾歌郡綾川町(旧・綾南町)滝宮に伝わる雨乞い踊り1977年昭和52年)に重要無形民俗文化財に指定された。

概要編集

菅原道真讃岐国司であった仁和4年(888年)に大旱魃があり、これを憂いた道真が、城山(きやま)で身を清め七日七晩祈願したところに恵まれ、喜んだ農民たちが滝宮神社(当時は牛頭天王社)の前で道真に感謝し踊り狂ったのが起源とされている。その後に法然上人が振り付けをして、念仏を唱えながら踊るようになったので、念仏踊りといわれるようになったと伝えられている。

現在でも8月25日滝宮神社滝宮天満宮で行なわれ、全国に残る「念仏踊り」のルーツとされている。鉦と太鼓の鳴り響く中、陣羽織に羽織袴の踊り手が念仏「ナムアミドーヤ」と唱えながら大うちわを振って飛び跳ねるように踊る。

アクセス編集

関連項目編集

外部リンク編集

座標: 北緯34度14分57.82秒 東経133度55分8.63秒 / 北緯34.2493944度 東経133.9190639度 / 34.2493944; 133.9190639