メインメニューを開く

滝川 洋二(たきかわ ようじ、1949年 - )は、日本の教育学者、東海大学教育開発研究所教授理科教育カリキュラム研究者である。1986年に、特定非営利活動法人ガリレオ工房」の前身となる「物理教育実践サークル」を立ち上げ、以後ガリレオ工房の理事長を務める。

滝川 洋二
生誕 1949年????
居住 日本の旗 日本
研究分野 理科教育
科学カリキュラム
研究機関 国際基督教大学高等学校東京大学東海大学
出身校 埼玉大学東京学芸大学国際基督教大学
博士課程
指導教員
柿内 賢信[1]
影響を
受けた人物
笠耐
後藤道夫
影響を
与えた人物
米村でんじろう
杉木優子
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

来歴編集

岡山県に生まれる[2]東京都立新宿高等学校卒。1972年、埼玉大学理工学部物理学科を卒業した[2]。1975年に東京学芸大学大学院修士課程修了。1979年より国際基督教大学高等学校教諭。1984年、国際基督教大学大学院博士課程修了する。博士論文は「授業分析にもとづく自然認識の過程の研究 : 力学の学習を例として」。

1999年9月から2000年8月までイギリスに留学[3]。ついでケンブリッジ大学の教員養成校に学ぶ。2006年より2010年まで東京大学教養学部客員教授。2010年より現職。

受賞編集

  • 文部科学大臣表彰科学技術賞、理解増進部門(2005年)

著書編集

単著編集

共著編集

  • 『ガリレオ工房の身近な道具で大実験(第4集)』、滝川洋二・吉村利明、大月書店、2005年、ISBN 4272612174
  • 『大人もハマる週末面白実験』、左巻健男・滝川洋二、講談社ブルーバックス、2005年、ISBN 4062574888
  • 『どうして、理科を学ぶの?』(数学セミナー別冊)、滝川洋二・理科カリキュラムを考える会、日本評論社、2002年
  • 『ガリレオ工房の身近な道具で大実験(第3集)』、滝川洋二・吉村利明、大月書店、2002年、ISBN 4272610570
  • 『ガリレオ工房の科学あそび part2』、滝川洋二・山村紳一郎、実教出版、2001年、ISBN 4407030585
  • 『ガリレオ工房の身近な道具で大実験(第2集)』、滝川洋二・吉村利明、大月書店、1999年、ISBN 4272610775
  • 『たのしくわかる物理実験事典』、左巻健男・滝川洋二、東京書籍、1998年、ISBN 4487731380
  • 『ガリレオ工房の身近な道具で大実験(第1集)』、滝川洋二・石崎善治、大月書店、1997年、ISBN 4272610864
  • 『物理がおもしろい!!』、滝川洋二・ガリレオ工房、日本評論社、1995年、ISBN 4535782164

編著編集

  • 『発展コラム式 中学理科の教科書(第1分野 物理・化学)』、滝川洋二編、講談社ブルーバックス、2008年、ISBN 9784062575911
  • 『発展コラム式 中学理科の教科書(第2分野 生物・地球・宇宙)』、石渡正志・滝川洋二編、講談社ブルーバックス、2008年、ISBN 9784062575928

テレビ出演等編集

新聞編集

  • 「東大生演出・実験ショー ―滝川洋二東大教養学部客員教授―」(読売新聞2008年2月5日)

脚注編集

参考文献編集

  • 滝川 洋二 (2003). どうすれば「理科」を救えるのか. 亜紀書房. ISBN 978-4750502045. 
  • 「科学実験の達人 滝川洋二vs.ビートたけし」『新潮45』第30巻第10号、新潮社、2011年10月、 216-227頁。

関連項目編集

外部リンク編集