メインメニューを開く

滝沢 カレン(たきざわ カレン、1992年5月13日[3] - )は、日本ファッションモデルタレント

たきざわ かれん
滝沢 カレン
プロフィール
愛称 カレン[1]、キャレン
生年月日 1992年5月13日
現年齢 27歳
出身地 日本の旗 日本東京都
血液型 AB型[2]
瞳の色 茶色
毛髪の色 茶色
公称サイズ(2012年[1]時点)
身長 / 体重 172 cm / kg
スリーサイズ 81 - 58 - 85 cm
靴のサイズ 25 cm
活動
デビュー 2008年
ジャンル ファッション
モデル内容 一般
他の活動 タレント女優
事務所 グルーヴィー・エアー
(2008年 - 2014年)
スターダストプロモーション
(2014年 - )
その他の記録
ミスセブンティーン2008 グランプリ
Seventeen』専属
(2008年8月 - 2011年3月)
JJ』専属
(2011年4月 - )
モデル: テンプレート - カテゴリ

東京都出身。スターダストプロモーション所属[3]。『ミスセブンティーン2008』グランプリ。ファッション雑誌JJ』元専属モデル。血液型AB型。父はウクライナ人、母はバレリーナの宮沢さゆり。

略歴編集

幼い頃から洋服が好きで、ファッションの楽しさを伝えたいと思い、ファッションモデルを志していた[4]

渋谷でスカウトされて事務所に所属しモデルとなり[5]、2008年、雑誌『Seventeen』(集英社)のモデルオーディション「ミスセブンティーン2008」でグランプリに選ばれ[6]、同年より専属モデルとして活動する[7]

2009年公開の映画『ROOKIES-卒業-』に購買部マドンナ役で出演し女優としてもデビューを果たす。2010年11月公開の映画『マリア様がみてる』で佐藤聖役を演じ、初めて主要人物の役を得た[8]

2011年3月、高校卒業と同時に『Seventeen』を卒業。2011年4月より、『JJ』(光文社)の専属モデルとなる。

2014年、グルーヴィー・エアーからスターダストプロモーションに移籍[9]

2015年6月2日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ)で度々話の筋が見えないような発言をしたり、場違いな表現を使ったりするため、他の出演者から「何歳から日本で暮らしているのか?」などと質問されたが、日本生まれの日本育ちで、日本語しか話せない。そして初登場ながら「踊る! ヒット賞」を獲得した[10]。以降、タレントとして各種バラエティ番組で出演するようになり、その独特な言語感覚が「じわじわくる」「クセになる」など視聴者からの反響を呼び、「生まれも育ちも日本なのに日本語が苦手」というキャラクターを特徴に注目を集める存在となる[11][12]

2016年7月23日発売の『JJ』9月号で初の表紙を飾る[13]

2019年7月23日、『JJ』 専属モデルを卒業することを発表[14]

2019年10月スタートの『G線上のあなたと私』(TBS)で連続ドラマ初レギュラー出演[15]

人物編集

日本育ちながら日本語がうまくないのは、ロシア語通訳を職業とする母の仕事場に来るロシア人たちと片言の日本語で会話していたからだという[16]。いわゆるダブル・リミテッドである。両親は生まれる前に離婚しており、ウクライナ人の父とは会ったことがない。

結婚相手に求める条件として、「運転免許を持っている」「足が速い」「字がきれい」「鼻クソをほじらない」の4つは譲れないことを明かしている[17]

幼少時に見た映画『ターミネーター2』がきっかけで俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーの大ファンとなったことを公言しており、2019年にはその直接の続編『ターミネーター:ニュー・フェイト』の日本劇場公開に際して来日した彼とドッキリによる初対面を果たして号泣したうえ、シュワルツェネッガーからジャパンプレミアで着ていた法被をプレゼントされる模様が、同年11月17日放送のバラエティ番組『行列のできる法律相談所』を通じて報じられた[18][19]

出演編集

雑誌編集

  • Seventeen(集英社、2008年8月 - 2011年3月) - 専属モデル
  • JJ(光文社、2011年4月 -2019年7月 ) - 専属モデル
  • Gina(ぶんか社、2015年4月 - )

映画編集

テレビドラマ編集

テレビ編集

ラジオ編集

舞台編集

  • 『ふんだりけったり』(滝沢カレン一座第一回公演)(2019年3月27日、新宿シアターモリエール)- 脚本・演出(テレビ収録)

広告編集

写真展編集

  • 伏見行介写真展「Old fashioned portrait 先達へのオマージュ」(2016年1月 - 4月)

WEB編集

著書編集

  • 『地球はココです。私はコレです。』 (2018年2月、光文社)
  • 『滝沢カレンダー ~働く人間は、まいにち美しい~』(2018年2月、SDP)

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b Seventeen』(2008年10月号、集英社)インタビューより
  2. ^ 滝沢カレン/かんぺき★プロフィールs”. SEVENTEEN ON LINE. 2010年5月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年9月4日閲覧。
  3. ^ a b STARDUST - スターダストプロモーション - 滝沢カレンのプロフィール - スターダストプロモーション(2017年7月19日閲覧)
  4. ^ 滝沢カレン (2009年4月4日). “質問の答え☆”. モバゲーブログ. 2017年8月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年3月23日閲覧。
  5. ^ “滝沢カレン「芸能界は脱いでから仕事が入ってくる世界だと…」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年3月26日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170326-OHT1T50187.html 2017年8月21日閲覧。 
  6. ^ 『CAPA』2009年1月号「土屋勝義×滝沢カレン」撮影現場リポート”. CAPAカメラネット (2009年). 2008年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月27日閲覧。
  7. ^ ミスセブンティーン2008は滝沢カレンさん 映画『ROOKIES』出演も決定”. オリコン (2008年8月20日). 2008年8月21日閲覧。
  8. ^ 滝沢カレン (2010年4月29日). “嬉しいご報告♪”. モバゲーブログ. 2010年5月1日閲覧。[リンク切れ]
  9. ^ 滝沢カレン”. グルーヴィー・エアー. 2008年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月16日閲覧。
  10. ^ 「さんま御殿」初出演のハーフ美女モデル、独特キャラで存在感発揮 - 2015年6月4日 モデルプレス
  11. ^ “新おもしろクイーン”滝沢カレン旋風再び 間違い連発の日本語が話題に - 2015年10月6日 モデルプレス
  12. ^ 中野ナガ (2017年3月4日). “滝沢カレン、独特すぎる言語感覚でバラエティ席巻 “おバカ”を超えて哲学的?”. ORICON NEWS (oricon ME). http://www.oricon.co.jp/news/2086828/full/ 2017年8月21日閲覧。 
  13. ^ カッコいい滝沢カレンvs女らしい滝沢カレン「JJ」初の試みで表紙デビューが決定 - 2016年6月29日 モデルプレス
  14. ^ “滝沢カレン「JJ」専属モデル卒業を発表「また夢ができました」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2019年7月23日). https://mdpr.jp/news/detail/1853711 2019年7月23日閲覧。 
  15. ^ a b “滝沢カレン、連ドラ初レギュラー 妊婦役に挑戦「いつもとのギャップを楽しみにして」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年8月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2142988/full/ 2019年8月27日閲覧。 
  16. ^ “滝沢カレン、東京生まれなのに日本語がおかしい理由…母の仕事が影響してた”. マイナビニュース (マイナビ). (2017年7月5日). https://news.mynavi.jp/article/20170705-a270/ 2019年11月21日閲覧。 
  17. ^ “【エンタがビタミン♪】滝沢カレン “結婚相手の条件”明かし「この4つは譲れない」”. Techinsight (株式会社メディアプロダクツジャパン). (2018年2月5日). http://japan.techinsight.jp/2018/02/maki02041504.html 2019年8月27日閲覧。 
  18. ^ “滝沢カレン、憧れのシュワルツェネッガーは「優しくて3回り大きくて」 インスタでつづった感動”. J-CASTニュース (J-CAST). (2019年11月19日). https://www.j-cast.com/2019/11/19373030.html 2019年11月21日閲覧。 
  19. ^ “滝沢カレンが憧れのシュワちゃんと初対面で大号泣「世界の宝」”. Smart FLASH (光文社). (2019年11月20日). https://smart-flash.jp/entame/86343 2019年11月21日閲覧。 
  20. ^ 滝沢カレンが国語のお勉強! 『NHK高校講座』の絶妙すぎるキャスティング - 2017年4月7日、サイゾー
  21. ^ 今田耕司の世界オモシロ通販!! - 日本テレビ(2017年8月13日)
  22. ^ 内村光良MC、“リーダー”滝沢カレンの仕切りに驚くトーク特番 - 2018年7月2日、お笑いナタリー
  23. ^ 笑いと学びが満載の科学バラエティー! 特集シリーズ「思考実験!もしもの世界」”. NHK (2018年7月3日). 2019年8月27日閲覧。
  24. ^ YOU・滝沢カレン『LIFE!』7・13初出演 「自分を出せた」と大満足 - 2018年6月26日、ORICON NEWS
  25. ^ “「アクエリアス 1日分のマルチビタミン」 10月2日(月)から全国で新発売” (プレスリリース), コカ・コーラシステム, (2017年9月29日), https://www.cocacola.co.jp/press-center/news-20170929-11 2018年4月15日閲覧。 
  26. ^ “滝沢カレンさんがコーセー「Visée」(ヴィセ)新イメージキャラクターに就任!新TVCM 2018年8月29日(水)より全国放映開始” (プレスリリース), コーセー, (2018年8月15日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000036637.html 2018年8月17日閲覧。 
  27. ^ “ディアナチュライメージキャラクターに滝沢カレンさんを初起用! 『ディアナチュラアクティブ』新CM「プロテインのはじめ方」篇” (プレスリリース), アサヒグループ食品株式会社, (2019年4月22日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000152.000006642.html 2019年4月25日閲覧。 

外部リンク編集