メインメニューを開く

滝沢 一(たきざわ おさむ[1]1914年 - 1993年7月11日[2])は、日本の映画評論家ジャーナリスト脚本家である。株式会社通信合同社代表。中川信夫との共同のペンネームは猿沢 丈介(さるさわ じょうすけ)。リアルタイムで作品を追い続けた、伊藤大輔山中貞雄研究の第一人者である[2]

滝沢 一
たきざわ おさむ
誕生 1914年
日本の旗 日本
死没 1993年7月11日(満78歳没)
日本の旗 日本 京都府京都市
職業 映画評論家ジャーナリスト脚本家
国籍 日本の旗 日本
ジャンル 映画評論、映画ジャーナリズム、映画脚本
主題 『通信合同』の発行
伊藤大輔山中貞雄研究
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

人物・来歴編集

1914年(大正3年)に生まれる。

1933年(昭和8年)、マキノ・プロダクションの元宣伝部長・都村健らとともに、京都に合同通信社を興す[3]。同社がのちに株式会社通信合同社となる[3]

1935年(昭和10年)、前年に市川右太衛門プロダクションに入社した、9歳上の友人・中川信夫と共同で脚本を執筆、『恥を知る者』『御用唄鼠小僧』を中川が監督した。

1951年(昭和26年)『わが一高時代の犯罪』映画化にあたり、高木彬光に代わって岡田茂東映プロデューサーと映画化権料交渉を行う[4]、以降岡田と交流を持つ[4]

1970年(昭和45年)前後に東映京都撮影所の大部屋俳優たちが結成した「ピラニア軍団」に同社の映画監督深作欣二中島貞夫らとともに加担、相談役を務めた。1971年(昭和46年)、都村健が企画、御園京平が編集した牧野省三とその映画を回顧する書物『回想・マキノ映画』に『牧野省三評伝その人と業蹟』を寄稿する[5]。1973年(昭和48年)には、山中貞雄の監督デビュー作『磯の源太 抱寝の長脇差』をモチーフに、マキノ雅弘と共同でテレビ映画長谷川伸シリーズ』の第23話『抱き寝の長脇差』の脚本を執筆した。

キネマ旬報社が刊行した1976年(昭和51年)の『日本映画監督全集』、1979年(昭和54年)の『日本映画俳優全集・男優編』、1980年(昭和55年)の1980年『日本映画俳優全集・女優編』の執筆に参加、大きな資料を残す。1982年(昭和57年)、都村が死去、滝沢が通信合同社代表となる。同年、友人の中川信夫の復帰作にして遺作『怪異談 生きてゐる小平次』の製作に「企画」として参加する[6]。中川は1984年(昭和59年)に没し、1987年(昭和62年)、山根貞男と共著で亡くなった友人についての著書『映画監督 中川信夫』を上梓する。またこのころ、竹中労らとともに山中貞雄の命日の集い「山中忌」を差配した。

1993年(平成5年)7月11日、京都市内の病院で脳梗塞のため死去した[2]。満78歳没[2]。最後に執筆した遺稿は、同年の『キネマ旬報』1112号(1993年8月下旬上半期決算号)に掲載された『私の伊藤大輔』である[7]。没後の同年、第35回牧野省三賞特別賞を受賞した[8]

フィルモグラフィ編集

ビブリオグラフィ編集

国立国会図書館蔵書[9]

  • 『牧野省三評伝その人と業蹟』 - 『回想・マキノ映画』、マキノ省三先生顕彰会、1971年
  • 『成瀬巳喜男論』 - 『現代日本映画論大系 1』、冬樹社、1971年
  • 『日本映画監督全集』、キネマ旬報社、1976年 - 部分執筆
  • 『日本映画俳優全集・男優編』、キネマ旬報社、1979年 - 部分執筆
  • 『日本映画俳優全集・女優編』、キネマ旬報社、1980年 - 部分執筆
  • 『映画歳時記』、創元社、1984年
  • 『映画の青春期と時代劇映画 - 伊藤大輔研究その1』、『伊藤大輔年譜 1』奥田久司共編 - 『伊藤大輔シナリオ集 1』、伊藤朝子、淡交社、1985年 ISBN 4473008975
  • 『和魂洋才と男のロマン - 伊藤大輔研究その2』 - 『伊藤大輔シナリオ集 2』、伊藤朝子、淡交社、1985年 ISBN 4473008983
  • 『時代劇映画の第一人者 - 伊藤大輔研究その3』、『伊藤大輔年譜 2』奥田久司共編 - 『伊藤大輔シナリオ集 3』、伊藤朝子、淡交社、1985年 ISBN 4473008991
  • 『解説 山中貞雄』 - 『山中貞雄作品集 3』、実業之日本社、1985年 ISBN 4408410446
  • 『映画監督中川信夫』、共著山根貞男リブロポート、1987年 ISBN 4845702525

編集

  1. ^ 映画歳時記、国立国会図書館、2010年1月15日閲覧。
  2. ^ a b c d 『キネマ旬報』 1113号、キネマ旬報社、1993年、p.163.
  3. ^ a b 『興行通信』、第60巻、2000年、p.23.
  4. ^ a b 滝沢一「ある岡田茂論」『映画時報』1972年1月号、映画時報社、 20 - 21頁。
  5. ^ 回想・マキノ映画、国立国会図書館、2010年1月15日閲覧。
  6. ^ 怪異談 生きてゐる小平次日本映画データベース、2010年1月15日閲覧。
  7. ^ 1993年8月下旬上半期決算号キネマ旬報、2010年1月15日閲覧。
  8. ^ 牧野省三賞東映京都ナビ、2010年1月15日閲覧。
  9. ^ OPAC NDL 検索結果、国立国会図書館、2010年1月15日閲覧。

外部リンク編集