メインメニューを開く

漁師めし(りょうしめし)は、北海道テレビ放送(HTB)にて2012年10月4日から同年12月20日まで放送されていたグルメバラエティ番組。放送時間は木曜日24:50 - 25:05(JST。以下同)。

漁師めし
ジャンル グルメ番組/バラエティ番組
企画 佐藤敬幸
演出 南部健吾
出演者 アームストロング
(栗山直人、安村昇剛)
滑川まさ美
プロデューサー 多田健、戸島龍太郎
制作 北海道テレビ放送
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
HTB『漁師めし』
レギュラー放送
放送期間 2012年10月4日 - 同年12月20日
放送時間 木曜日24:50 - 25:05
放送分 15分
回数 12
極寒! 漁師めしスペシャル ~流氷と戦う男たち~
放送期間 2013年3月22日
放送時間 金曜日24:50 - 25:50
放送分 60分

特記事項:
ナレーター:岸健介

2013年3月22日金曜日)24:50 - 25:50にはスペシャル版『極寒! 漁師めしスペシャル~流氷と戦う男たち~』が放送された。

目次

概要編集

  • HTB深夜開拓魂』第9作。この枠としては『我思う、故に我ラーメン』『ワールド★カップメン』に続くグルメ路線の第3弾にあたるが、麺類をテーマにした前2作から一転し、当番組は“”をテーマにした番組である。通称“漁業応援バラエティ”。
  • メイン出演者は北海道旭川市出身のお笑いコンビ「アームストロング」。毎回2人が北海道内の漁港を訪れ、漁業にいそしむ漁師たちの生き様を体験しながら、漁師が作るオリジナルの魚料理を実際に試食し味わう。試食後はお世話になった漁師達へ向けて、札幌市出身の演歌歌手・滑川まさ美(愛称:なめちゃん)が漁師からのリクエスト曲(主に演歌・歌謡曲)を歌うサービスもある。但しスペシャル版では滑川は登場していない。

放送リスト編集

放送日 ロケ地(主な場所) 登場した魚介類 プレゼント曲
1 2012年
10月4日
別海町(尾岱沼漁港) イカサケ 「男酔い」吉幾三
2 10月11日
3 10月18日 松前町 マグロ 北の漁場北島三郎
4 10月25日
5 11月1日 厚岸町厚岸湖 カキアサリ 「I LOVE すすきの」滑川まさ美
6 11月8日
7 11月15日 小樽市(高島漁港) シャコ ごめんね…高橋真梨子
8 11月22日
9 11月29日 白糠町(白糠漁港) シシャモ 「I LOVE すすきの」滑川まさ美
10 12月6日
11 12月13日 函館市恵山 根ボッケ 人生みちづれ天童よしみ
12 12月20日
SP 2013年
3月22日
羅臼町(麻布漁港)
別海町(尾岱沼漁港)
ウニホタテ なし
 
第5・6回目のロケ地・厚岸湖

スタッフ編集

  • ナレーター:岸健介
  • 企画・プロデュース:佐藤敬幸
  • 撮影:図司祐介、小林直人、三戸史雄、江谷拓、新井智博
  • 音声:松澤聡、藤田和也、佐貫亮太
  • 音効:百石仁、青山詩織、石川裕輔[1]
  • 美術:BgBee
  • WEB:HTBポッドキャスト1号
  • AD:加藤和弥
  • ディレクター:窪井響、須田慶太、辻崎剛広[1]
  • 演出:南部健吾
  • プロデューサー:多田健[2]、戸島龍太郎
  • 制作著作:北海道テレビ放送

備考編集

  • 第3回は木曜ドラマドクターX〜外科医・大門未知子〜』の第1回放送のため、15分繰り下げの25:05 - 25:20枠で放送。
  • 第10・11・12回は、直前に放送されているミニ番組キラキラ』が3分拡大[3]した影響で、放送時間が3分繰り下がった。なお、第11回は前述のドラマ『ドクターX』の最終回を枠拡大したため、25:08 - 25:23に繰り下げて放送した。
  • 2012年11月8日放送の当番組第6回で、HTB深夜開拓魂シリーズは通算100回目の放送を達成した。
  • レギュラー放送最終回及びスペシャル版のラストで「まだ、漁師めしはある!」という煽り文があったが、番組メインのアームストロングが2014年4月13日付で解散したこともあってか[4]、現時点で続編制作の目途は立っていない模様である。

脚注編集

  1. ^ a b スペシャル版のみ参加。
  2. ^ スペシャル版は不参加。
  3. ^ 実際はカウキャッチャーを3分30秒流した後に本編(正味2分30秒)を流す。
  4. ^ アームストロングが4月解散を発表”. お笑いナタリー. ナタリー (2014年3月3日). 2014年4月24日閲覧。

外部リンク編集

HTB 深夜開拓魂
前番組 番組名 次番組
実録!?
(2012.7.5 - 9.27)
漁師めし
(2012.10.4 - 12.20)