メインメニューを開く

演芸ブーム(えんげいブーム)とは主に1962年頃から1970年頃にかけて起こった、テレビの演芸番組を中心としたお笑いブームを指す。

概要編集

大正テレビ寄席」(NET、現・テレビ朝日系)「お笑いタッグマッチ」(フジテレビ系)など演芸番組が数多く放送され、テレビにおけるお笑いの地位を確立した。現在も放送している「笑点」(日本テレビ系)もこのブームのさなかに放送が開始された。

主な演者としては、「昭和の爆笑王」こと初代 林家三平や落語四天王(七代目 立川談志五代目 三遊亭圓楽三代目 古今亭志ん朝五代目 春風亭柳朝など)、上方落語四天王(三代目 桂米朝三代目 桂春団治六代目 笑福亭松鶴五代目 桂文枝)などの落語家を筆頭に、Wけんじ獅子てんや・瀬戸わんやコロムビア・トップ・ライトWヤング若井はんじ・けんじ正司敏江・玲児夢路いとし・喜味こいし晴乃チック・タックなどの漫才師コント55号てんぷくトリオ漫画トリオ等のコントグループが人気を博した。

また、コミックバンドとしてはハナ肇とクレージーキャッツの後を受けて活動していたザ・ドリフターズコントグループへと転換し不動の地位を得た。

これらの芸人は1980年代以降、俗に「お笑い第一世代」と称される。

第一世代(演芸ブーム)代表番組編集

関連項目編集