メインメニューを開く

漢軍八旗(かんぐんはっき、満州語: ᡠᠵᡝᠨ
ᠴᠣᠣᡥᠠᡞ
ᠵᠠᡣᡡᠨ
ᡤᡡᠰᠠ
[1]、転写:ujen coohai jakūn gūsa)は朝の社会・軍事組織である八旗の一部である。

漢軍八旗の成員の大部分は、清朝が山海関以北の満州中国東北部)に拠点を置いていた時期に政権に参加した非満州民族・非モンゴル人である。すなわち遼東半島一帯に居住していた漢民族朝鮮人などである。漢軍八旗は満洲八旗蒙古八旗とともに清朝初期の軍隊の主力をなした。八旗以外の漢民族はニカンと呼ばれ区別された。

1644年李自成によって朝の中央政府が崩壊すると、山海関の守将呉三桂は清に投降し、清は中原に入った。その後の20年間で清軍は李自成・張献忠南明政権を次々と破り、中国全土を支配した。漢軍八旗は他の八旗兵と同様に清軍の主力部隊となり、大部分の戦闘に参加した。

漢軍八旗の成員は代々満州民族・モンゴル人と通婚し、まとめて「旗人」「旗兵」と呼ばれ、満洲民族やモンゴル人と同等の待遇と特権を得ていた。これにより漢軍八旗の伝統・習俗は、例えば纏足をしないなど、満洲民族に近いものとなった。しかし満漢偶数官制では漢民族として扱われた。このことは漢人任用枠に忠誠度の高い漢軍旗人をあてることが出来るため当初は有効であったが、民籍漢民族の科挙官僚の総督巡撫といった役職への任用の増加や満洲人の漢語習得・漢文化吸収が進み漢軍旗人の重要度が低下し、乾隆帝時代には旗人の人口増加に伴う八旗の生活困窮が大きな問題となり、漢軍旗人を民間籍に移す「漢軍出旗」が行われた。

辛亥革命以降も漢軍八旗の子孫は旗人を自称し、中華人民共和国成立後の民族区分では大部分が満族に編入された。

漢軍八旗の人物編集

脚注編集

  1. ^ 「重兵」の意。清初期には砲兵部隊を担っていたため。