メインメニューを開く

漣川駅(ヨンチョンえき)は、大韓民国京畿道漣川郡漣川邑にある、韓国鉄道公社京元線

漣川駅
駅舎(2008年撮影)
駅舎(2008年撮影)
연천
ヨンチョン
Yeoncheon
全谷 (8.6km)
(3.6km) 新望里
所在地 大韓民国の旗京畿道漣川郡漣川邑漣川路 273-7(車灘里 34-33) 
位置座標
所属事業者 韓国鉄道公社 
駅種別 普通駅   
駅等級 3級   
所属路線 京元線 
キロ程 73.8km(龍山起点)
駅構造 地上駅   
ホーム 1面2線   
乗車人員
-統計年度-
346人/日(降車客含まず)
-2008年-
開業年月日 1914年10月5日
漣川駅
各種表記
ハングル 연천역   
漢字 漣川驛   
平仮名
(日本語読み仮名)
れんせんえき 
片仮名
(現地語読み仮名)
ヨンチョンニョク 
英語 Yeoncheon Station 
テンプレートを表示

駅構造編集

島式ホーム1面2線を有する地上駅。ホーム西側に朝鮮戦争で軍事物資を北朝鮮側に輸送するため建設された貨物用ホームが残っている。

駅構内にある給水塔は、過去に蒸気機関車が水を補給する時に使われていた。保存状態が良好かつ歴史的価値を持っていることから、2003年1月28日登録文化財45号に登録された。また、給水塔には朝鮮戦争当時の銃弾の跡が鮮明に残っている。

のりば編集

1・2 京元線 新炭里白馬高地東豆川ソウル方面
ホーム(2008年撮影)
給水塔(2008年撮影)
箱形の給水塔(2008年撮影)

駅周辺編集

  • 漣川郡庁   
  • 漣川初等学校   
  • 漣川警察署   
  • 漣川市場   

歴史編集

隣の駅編集

韓国鉄道公社 
京元線   
通勤列車 
全谷駅 - 漣川駅 - 新望里駅 

関連項目編集