漫画エロトピア』(まんがエロトピア)はKKベストセラーズワニマガジン社から発行された成人向け漫画雑誌。最初の官能劇画誌とされる。

芳文社で『コミックmagazine』『漫画パンチ』編集長を務め、中沢啓治黒い雨にうたれて』を掲載するなど、劇画誌編集者として異彩を放っていた平田昌兵を初代編集長に据え、1973年に『漫画ベストセラー』として創刊。1巻11号から『漫画エロトピア』に誌名変更[1]、1982年1月7・21日合併号より発行をベストセラーズからワニマガジン社に移管[2]、1986年11月号より月2回刊から月刊に変更[3]2000年に休刊した。

初期は劇画調の作品が中心で、篠原とおる平野仁など『ビッグコミック』系で執筆していた作家も寄稿していた。ふくしま政美女犯坊』、上村一夫『悪の華』、前田俊夫超神伝説うろつき童子』といった、アナーキーでエログロバイオレンスな連載漫画が人気を博した他、谷岡ヤスジ高井研一郎はらたいら高信太郎などが執筆していたショートギャグ枠や川上宗薫の官能小説、一村哲也によるヌードグラビアページがあった。

長くハードコア劇画路線を堅持してきたが、刊行ペースを月刊化した1980年代中盤頃から、ロリコン漫画ブームの影響を受け、『超神伝説うろつき童子』もOVA化されたことから、アニメ調の絵柄の作品が中心となっていく。長く横山明によるスーパーリアリズムな女性のイラストだった表紙イラストも、1987年からは遊人が手掛けるようになったが、1996年にHAGA KENと交代した。1999年には韮沢靖が担当したが、この頃には1994年に増刊号として創刊された『COMIC快楽天』の方が主力誌となっており、休刊号の表紙はグラビア写真だった。

初代編集長の平田は後にKKベストセラーズワニマガジン社の社長を歴任。子の昌幸も双葉社漫画アクション』の編集者となっている。

主な掲載作品編集

関連雑誌編集

脚注編集