潁原 退蔵(えばら たいぞう、1894年2月1日 - 1948年8月30日)は、日本国文学者。元京都大学教授文学博士。専門は近世文学

経歴編集

1894年、長崎県南松浦郡北魚目村(現長崎県南松浦郡新上五島町)生まれ[1]。1917年3月、東京高等師範学校国語漢文学卒業[1]。1921年3月、京都帝国大学文学部卒業後、京都帝国大学大学院入学[1]。1928年3月、京都帝国大学大学院退学[1]。1931年4月、京都帝国大学助教授に着任するも、1936年4月に病気により依願免官[1]。1945年3月、文学部講師として復帰[1]。1947年5月、文学博士を授与される[1]。1948年8月、再び京都大学助教授に着任するも、同年8月30日に逝去[1]。死去日を以て、京都大学教授[1]

2009年、『江戸時代語辞典』(潁原退蔵著、尾形仂編、角川学芸出版、2008年)が、第63回毎日出版文化賞を受賞[2]

著書編集

  • 『国文学講座 第23巻 俳句俳文評釈』(受験講座刊行会 1930)
  • 『俳諧史の研究』(星野書店 1933)
  • 五束斎木朶』(東三文化研究会 1936)
  • 『俳諧史論考』(星野書店 1936)
  • 『江戸文芸論考』(三省堂 1937)
  • 『日本文学大系 第15巻 俳諧文学』(河出書房 1938)
  • 芭蕉(日本古典読本)』日本評論社 1939 - 『芭蕉読本』角川文庫
  • 『江戸文芸』(晃文社 1942)
  • 蕪村(創元選書)』創元社 1943
  • 『風雅の道』七丈書院 1943
  • 『雀色時』(靖文社 1943)
  • 『芭蕉講話』(出来島書店 1944)
  • 明恵上人』(生活社 1946)
  • 『蕉門の人々』(大八洲出版 1946)
  • 『芭蕉・去来』(創元社 1946)
  • 『俳諧精神の探究』(秋田屋 1947)
  • 『江戸時代語の研究』(臼井書房 1947)
  • 『芭蕉俳諧と近代芸術』(大八洲出版 1947)
  • 『俳句周辺』(天明社 1948)
  • 『余情の文学』(臼井書房 1948)
  • 『科学と文学 対談 湯川秀樹』(白井書房 1949)
  • 『名句評釈』(大日本雄弁会講談社 1949)- 『俳句評釈』角川文庫
  • 『俳文学歴代選』(高島屋出版部 1949)
  • 『芭蕉俳句新講』(岩波書店 1951)
  • 『芭蕉の名句』(創元社 1952)
  • 『川柳雑俳用語考』(岩波書店 1953)
  • 『江戸文芸研究』(角川書店 1958)
  • 『潁原退蔵著作集』全20巻別巻1(中央公論社 1979-84)

校注など編集

  • 高井几董『新雑談集(古俳書文庫 第4篇)』 天青堂 1924
  • 高井几董『其雪影・続明烏(古俳書文庫 第5篇)』天青堂 1924
  • 高井几董『遊子行・よし野紀行(古俳書文庫 第7篇)』天青堂 1924
  • 『蕪村全集』有朋堂書店 1925
  • 太祇句集』天青堂 1926
  • 井原西鶴日本永代蔵明治書院 1929
  • 世間胸算用』明治書院 1930
  • 『芭蕉俳句集』岩波文庫 1932
  • 無住沙石集平楽寺書店 1933
  • 『蕪村俳句集』岩波文庫 1935
  • 『俳文俳論新選』大倉広文堂 1935
  • 山崎宗鑑『校本犬筑波集』私家版 1938
  • 去来抄・三冊子・旅寝論』岩波文庫 1939 - 復刊1991、ワイド版1993
  • 『芭蕉文集』岩波文庫 1940 - 復刊2017
  • 『俳諧七部集』明治書院 1941
  • 井原西鶴『生玉万句』靖文社 1942
  • 『芭蕉講座』全6巻 加藤楸邨共編 三省堂 1943-44
  • 『芭蕉抄』星林社 1946(京大教養講座本 第1輯)
  • 『新校芭蕉俳句全集』全国書房 1947
  • 奥の細道研究』(編集)靖文社 1948
  • 『西鶴文選』臼井書房 1949

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i 潁原文庫選集 - 臨川書店”. www.rinsen.com. 2021年8月1日閲覧。
  2. ^ 国立国会図書館. “尾形仂について知りたい。” (日本語). レファレンス協同データベース. 2021年8月1日閲覧。