潤 花(じゅん はな、9月19日[1] - )は、宝塚歌劇団宙組に所属する娘役。

北海道[2]旭川市[1]旭川藤女子高等学校出身[1]。身長165cm[1]。愛称は「じゅんはな」、「かの」[1]

来歴編集

2014年、宝塚音楽学校入学。

2016年、宝塚歌劇団に102期生として入団[3][2][4]。入団時の成績は32番。星組公演「こうもり/THE ENTERTAINER!」で初舞台[1]。その後、雪組に配属[3]

清楚な魅力で早くから注目され[2]、2017年、望海風斗真彩希帆トップコンビ大劇場お披露目となる「ひかりふる路」で、新人公演初ヒロイン[5]。入団2年目での抜擢となった[3]

2018年、「凱旋門」で2度目の新人公演ヒロイン[6]

2019年、「PR×PRince」でバウホール公演初ヒロイン[7][8][2]。同年の「ハリウッド・ゴシップ」(KAAT神奈川芸術劇場・ドラマシティ公演)で、東上公演初ヒロイン[9][3][8][2]

2020年、「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」で、3度目の新人公演ヒロイン[8][4]。同年、「炎のボレロ」(梅田芸術劇場公演)でヒロイン[10][2][11]。当初は全国ツアーとして上演が予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大防止による公演休止・延期を経て、梅田芸術劇場のみでの振替公演となった[10][11]。同公演千秋楽翌日となる9月7日付で宙組へと組替え[10][11]

人物編集

幼少の頃からバレエを習い、踊ること、運動することが好きだった[3]

高校1年の時、宝塚の舞台を初観劇し、「こんな世界見たことない」と衝撃を受ける[3]。2度目の観劇となった星組公演「ロミオとジュリエット」が決定打となり、「宝塚の舞台に立ちたい」と進路を決めた[3]

主な舞台編集

初舞台編集

雪組時代編集

宙組時代編集

出演イベント編集

  • 2018年12月、『タカラヅカスペシャル2018 Say! Hey! Show Up!!』
  • 2019年12月、『タカラヅカスペシャル2019-Beautiful Harmony-』

TV出演編集

広告編集

受賞歴編集

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2020年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2020年、86頁。ISBN 978-4-86649-125-7
  2. ^ a b c d e f g h i 宝塚歌劇雪組の娘役・潤花が5月27日付で宙組に組み替えスポーツ報知
  3. ^ a b c d e f g h <華宝塚>元気に!すまして!かっこよく 潤花(雪組)”. 東京新聞. 2019年9月21日閲覧。
  4. ^ a b c 【雪組】娘役の潤花、5月27日付で宙組へ組替えSANSPO.COM
  5. ^ a b 綾凰華 新人公演初主演 雪組異動わずか3カ月で大抜てきに「緊張しているヒマも…」”. スポーツニッポン. 2019年6月3日閲覧。
  6. ^ a b 宝塚雪組・縣千、新人公演初主演で涙のあいさつ「真ん中は温かい場所でした」”. デイリースポーツ. 2019年6月3日閲覧。
  7. ^ a b 宝塚雪組・永久輝せあ バウホール単独初主演でイケメン王子”. デイリースポーツ. 2019年6月3日閲覧。
  8. ^ a b c d 宝塚雪組・諏訪さきが涙、涙の初主演「今まで生きてきた中で一番の経験、幸せな時間でした」”. スポーツ報知. 2020年1月21日閲覧。
  9. ^ a b c “雪組「ハリウッド・ゴシップ」大阪公演開幕!彩風咲奈「一回一回の舞台の大切さ、ひしひしと」”. スポーツ報知. (2019年10月23日). https://hochi.news/articles/20191023-OHT1T50132.html 2019年10月23日閲覧。 
  10. ^ a b c d コロナで中止・延期乗り越え…宝塚雪組・彩風咲奈の主演作がやっと開幕「ここまで来られて感謝の気持ちでいっぱいです」スポーツ報知
  11. ^ a b c d 宝塚雪組・彩風咲奈 涙の主演公演初日 コロナ禍で当初の会場と日程大幅変更デイリースポーツ

外部リンク編集