潮哲也

日本の俳優

潮 哲也(うしお てつや、1949年12月13日[1][2][3][4][5] - )は、日本の元俳優[6]。本名は本保 明啓(ほんぼ あきひろ)[1][3][4]

うしお てつや
潮 哲也
本名 本保 明啓(ほんぼ あきひろ)
生年月日 (1949-12-13) 1949年12月13日(72歳)
出生地 日本の旗 日本京都府与謝郡岩滝町
身長 178 cm
血液型 AB
職業 俳優声優歌手
活動期間 1971年 - 2010年
配偶者 九条亜希子
主な作品
映画
悪魔の手毬唄』『火の鳥
(ハル)
テレビドラマ
快傑ライオン丸』『風雲ライオン丸
猿の軍団』『江戸の旋風
高原へいらっしゃい
淋しいのはお前だけじゃない
テンプレートを表示

石川県[1]金沢市出身[注釈 1]石川県立工業高等学校卒業[1][3][8]東宝芸能[1]を経て、山田栖峯子事務所に所属していた[9]

身長178cm、体重70kg、血液型はAB型[6]

来歴・人物編集

父親は警察官で、姉が3人いる[7]。14歳のころに石川県金沢市に転居する[10][4]。高校卒業後、製紙会社勤務、レコード店事務を経て上京し、東映演技研修所を経て、東映芸能部に所属する[11]

数本のテレビドラマに端役で出演した後、『快傑ライオン丸』の主役に抜擢され本格的デビューを果たし[4]、続く『風雲ライオン丸』でも主演を務める[12]。『ライオン丸』の終了後に東映芸能部を退部[13]。その後、黒沢年男の所属事務所を経て[14]、1974年からは東宝芸能に所属し、東宝制作のテレビドラマ・映画に出演[15]。特に『江戸の旋風シリーズ』では長期に亙ってレギュラーで活躍した。また東宝作品以外でも『高原へいらっしゃい』『淋しいのはお前だけじゃない』などで印象的な役柄を演じる。

東宝を離れてからも俳優として多数の作品に出演する傍ら、『スーパー競馬』の司会を務めるなど活躍の場を拡げた[16]。妻は元女優の九条亜希子で、『快傑ライオン丸』の共演がきっかけで結婚した[12]

テレビドラマの制作が減り、望む役も得られないようになったため、60歳になったのを機に俳優業を引退した[17]

「潮哲也」の芸名は、『快傑ライオン丸』の時にピー・プロダクション社長のうしおそうじにより、「うしお」の字を譲られたもの[18][12][17]で、「潮といえば海。海のように大きく育て」との意味が込められているという[19]。哲也の名は姓名判断などにより語呂の良さで決められた[19]。特技は剣道二段[12][3]スキューバダイビング[6]乗馬[1]

エピソード編集

東映演技研修所の同期には南城竜也がいた[20]。また、同期には斉藤浩子の兄がおり、浩子の兄とは仲が良く自宅に遊びに行く間柄だったため、浩子とは『SFドラマ 猿の軍団』で共演する以前より面識があった[21]

新人の頃は、名前をよく「渡哲也」と間違われたことがあったという[19]

『快傑ライオン丸』はオーディションで起用されたが、クランクイン直前であったためすんなり決まったという[12][注釈 2]。潮は後に妻となる沙織役の九条亜希子の選考に立ち会っており、自身が新人であるため演技経験がある九条を推薦していた[12]

剣道の有段者であったが、剣道と時代劇の立ち回りでは動きが異なるため、周囲からは「剣道経験者ではないほうが良かった」と言われたこともあった[12]。『快傑』での衣裳は全身革製であったため、暑くて動きづらく、『風雲』で衣裳が変わった際には動きやすくなったと感じたという[12][23]。また、『快傑』では革製の草履を履いていたが、『風雲』ではブーツに変更されたことも動きやすくなった理由に挙げている[23]

『快傑』第7話の撮影時に岩場を降りるシーンで足を骨折し入院したが、スケジュールが切迫していたため撮影は中断されず、潮は病院から撮影現場に通っていた[12][注釈 3]。全治1ヶ月ほどであったが、撮影現場の湿気で石膏がふやけてしまうため2週間程度でギプスを外していた[12]

虎錠之介役で第27話より出演した戸野広浩司とは、撮影が多忙だったため会話する機会は彦根ロケーションがはじめてであった。二人で呑んだ後、潮は翌日の撮影を控えていたために寝床に就いたが、直後に戸野広が事故死した報を聞いたときは茫然としたという[25]

戸野広の代役として第42話より虎錠之介役を演じた福島資剛とは、戸野広と接する機会が少なかったことから積極的に交流して仲良くなった[23]

『ライオン丸』の終了後、馬に接する機会がなくなったため競馬場に行くようになり、次第に競馬に詳しくなって『スーパー競馬』の司会を務めるに至った[12][26]

『江戸の旋風』に出演が決定した当時は、NHK銀河テレビ小説『巣箱』に出演しており、収録が行われていた愛知県名古屋市に滞在していたために、初登場の回の台本を撮影当日に渡されたため、監督の高瀬昌弘を激怒させてしまった。しかし、腹を括る覚悟で撮影に臨んだ結果、1回で撮影を乗り切ってしまった[27]。また、共演者である露口茂近藤洋介たちと仲良くなり、撮影休みの際は出演者同士でゴルフに出かけていた[28]

『スーパー競馬』で司会を担当する以前は、台本通りの演技を心がけていたため、共演者にアドリブが得意な俳優がいると苦労していた[29]。しかし、『スーパー競馬』以降はアドリブもこなせるようになった[30]

リメイク版『ライオン丸G』については、放送当時にインタビューを受けたため存在は知っていたが、旧作とはイメージが異なるため積極的には観なかったという[12]

出演編集

テレビドラマ編集

NHK
NTV
TBS
CX
ANB→EX
12ch→TX
その他

映画編集

オリジナルビデオ編集

舞台編集

吹き替え編集

音楽編集

バラエティ編集

CM編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 出生は京都府[4]与謝郡岩滝町[7](現・与謝野町)。
  2. ^ 『ヒーロー列伝』では、オーディションはクランクインの5日ほど前に、事務所から話があったと記している[22]
  3. ^ 『ヒーロー列伝』では、「負傷したのは3クール目前後だったと思う」と述懐しているが[24]、1972年6月の紹介記事では負傷について言及されている[4]
  4. ^ a b c d 本保明啓名義。
  5. ^ デビュー作[33]

出典編集

  1. ^ a b c d e f 日本タレント名鑑'82』VIPタイムズ社、1981年、32頁。 
  2. ^ 『日本タレント名鑑2004』VIPタイムズ社、2004年、562頁。 
  3. ^ a b c d 『毎日新聞』1972年4月29日、20面、ラジオ・テレビ欄。
  4. ^ a b c d e f 『河北新報』1972年6月20日付朝刊、10面。
  5. ^ ヒーロー列伝 2 2000, p. 26.
  6. ^ a b c 潮哲也”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年4月13日閲覧。
  7. ^ a b 快傑・風雲ライオン丸 2000, p. 26.
  8. ^ 快傑・風雲ライオン丸 2000, p. 28.
  9. ^ 山田栖峯子事務所による公式プロフィール(2010年6月20日時点のアーカイブ
  10. ^ 快傑・風雲ライオン丸 2000, p. 27.
  11. ^ 快傑・風雲ライオン丸 2000, pp. 28–30.
  12. ^ a b c d e f g h i j k l ザボーガー&ピープロ 2011.
  13. ^ 快傑・風雲ライオン丸 2000, p. 118.
  14. ^ 快傑・風雲ライオン丸 2000, p. 35.
  15. ^ 快傑・風雲ライオン丸 2000, p. 192.
  16. ^ ヒーロー列伝 2 2000, p. 202.
  17. ^ a b 「Pickup Interview 潮哲也」 『別冊映画秘宝 円谷プロSFドラマ大図鑑』洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2013年、113頁。ISBN 978-4-8003-0209-0 
  18. ^ 快傑・風雲ライオン丸 2000, p. 34.
  19. ^ a b c 週刊テレビ番組(東京ポスト)1983年7月22日号「芸名由来記」56頁
  20. ^ ヒーロー列伝 2 2000, p. 30.
  21. ^ ヒーロー列伝 2 2000, p. 124.
  22. ^ ヒーロー列伝 2 2000, p. 32.
  23. ^ a b c ヒーロー列伝 2 2000, p. 117.
  24. ^ ヒーロー列伝 2 2000, p. 113.
  25. ^ ヒーロー列伝 2 2000, pp. 111–112.
  26. ^ ヒーロー列伝 2 2000, p. 196.
  27. ^ ヒーロー列伝 2 2000, p. 192.
  28. ^ ヒーロー列伝 2 2000, p. 193.
  29. ^ ヒーロー列伝 2 2000, p. 36.
  30. ^ ヒーロー列伝 2 2000, p. 197.
  31. ^ 東宝特撮映画全史 1983, p. 538, 「主要特撮作品配役リスト」
  32. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 209, 「『ゴジラ』作品解説/俳優名鑑」
  33. ^ ヒーロー列伝 2 2000, pp. 30–31.

参考文献編集

外部リンク編集