メインメニューを開く

潮州鎮(ちょうしゅうちん)は台湾屏東県中央、屏東平原の上に位置する。記録によると1724年、清の広東省潮州府の住民が新しい土地を開拓するために東方のこの地に渡り、「潮庄」と名づけた。初期の住民は旧市街に住み、三山国王廟を奉祠し、そこが今日の潮州市街の礎となった。

中華民国 屏東県の旗 屏東県 潮州鎮
別称: 潮庄
舊潮州郵局(屏東戲曲故事館).JPG
地理
Heitou tyousyuutin.svg
座標: 北緯22度33分0秒 東経120度32分0秒 / 北緯22.55000度 東経120.53333度 / 22.55000; 120.53333
面積: 42.4331 km²
各種表記
繁体字: 潮州鎮
日本語読み: ちょうしゅう
漢語: Cháozhōu
通用: Chaojhou
注音符号: ㄔㄠˊ ㄓㄡ
片仮名転写: チャオヂョウ
台湾語: Tiô-chiu
客家語: Tshèu-chû
行政
行政区分:
上位行政区画: 屏東県の旗 屏東県
下位行政区画: 21里376鄰
潮州鎮長: 洪明江
公式サイト: 潮州鎮公所
情報
総人口: 54,760 人(2016年1月)
世帯数: 19,214 戸(2016年1月)
郵便番号: 920
市外局番: 08

目次

歴史編集

潮州の地名は広東省潮州府の府名から来ている。初期の開拓民は広東潮州府からの移住者が少なくなく、それらの移住者は新天地を開墾した後で、故郷を懐かしみ原籍の地名「潮州」庄と命名し、略称は「潮庄」となった。1920年潮州街が設立され、高雄州潮州郡の政治経済の中心となった。

行政区画編集

潮州里、光華里、同栄里、新栄里、彭城里、九塊里、蓬莱里、五魁里、三星里、泗林里、四春里、三共里、檨子里、興美里、新生里、三和里、八爺里、光春里、永春里、富春里、崙東里

交通編集

教育編集

著名居民編集

  • アン・リー - 映画監督 (潮州鎮生まれ、父親は潮州高中の教務主任で、後に台南へ転居)

観光編集

特産編集

外部リンク編集