日本 > 沖縄県 > 糸満市 > 潮平

潮平(しおひら)は沖縄県糸満市の地名。郵便番号901-0302。

地理編集

糸満市内に位置し、西崎(西崎町3丁目・西崎6丁目)・兼城阿波根座波豊見城市翁長と隣接する。沖合に伊保島と呼ばれる島が存在したが、1980年以降の公有水面埋立事業により、埋め立てられ消滅した[1]

歴史編集

1961年に当時の糸満町が現在の市域に拡大・合併するまで兼城村に属していた。1970年代までは現在の西崎との境界線が海岸線だったが、1980年代前半に西崎地域の埋め立てで当地域に面する海はなくなった。そして当時の国道331号(現在の沖縄県道256号豊見城糸満線)の交通量が増えるにつれ沿道にはこれまでなかったファーストフード店や眼鏡店などの店舗が並ぶようになった。また西崎地域の人口増で小中学校の通学区は2度も変更されており(小学校は1980年代に2度変更)、1989年には潮平小学校(西崎小学校から分離、かつては兼城小学校区だった)、2001年に潮平中学校(西崎中学校から分離、かつては兼城中学校だった)がそれぞれ開校した。

1993年には沖縄県道82号那覇糸満線バイパスが開通し八重瀬町南風原町そして沖縄自動車道那覇空港自動車道からのアクセスが便利なったほか、2007年に全線開通した国道331号沖縄西海岸道路豊見城道路2016年に全線4車線化)と並行して同道路開通前の旧道にあたる沖縄県道256号豊見城糸満線2017年糸満道路全線4車線化に合わせて降格)の4車線への拡幅も行われている。なお、潮平中学校は当地区内ではなく阿波根にあり、逆に県道82号と256号(旧国道331号)が接する「阿波根交差点」は阿波根ではなく当地内にある。

交通編集

道路編集

バス編集

当地区内に潮平と阿波根の2ヶ所のバス停があるほか、当地区に近い最寄のバス停として西崎入口(兼城、かつては第一製糖前だった)と翁長(豊見城市翁長、市境付近にある)がある。

81番・西崎向陽高校線(琉球バス交通)と89番・糸満(高良)線(琉球バス交通・沖縄バス)の2路線が当地区内を通るが、81番は平日の朝夕2往復のみの運行であるため実質89番のみとなる(81番は下りは西崎経由後、上りは西崎経由前に当地区内を通り翁長バス停には停車しない。また89番は西崎経由のルートの場合潮平バス停には停車しない)。

施設編集

なお、潮平中学校は隣の阿波根にある。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「第8章 潮平 伊保原」、糸満市史編集委員会編(2011年)、p.398
  2. ^ 2012年に宮古島市に出店するまで長らく日本最南端の店舗だった
  3. ^ 2017年に宮古島市に出店するまで日本最南端の店舗だった

参考文献編集

  • 糸満市史編集委員会編『村落資料 - 旧兼城村編 -』糸満市役所〈糸満市史 資料編13〉、2011年。全国書誌番号:21942406

外部リンク編集