潮田 資忠(うしおだ すけただ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将後北条氏の家臣。武蔵国寿能城[2]主。

 
潮田資忠
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正18年4月18日1590年5月21日
官位 出羽守
主君 北条氏政氏直
氏族 清和源氏頼光流太田氏(岩槻太田氏)→潮田氏
父母 父:太田資正、母:潮田氏娘
養父:潮田常陸介?
兄弟 太田氏資梶原政景太田資武
太田景資[1]資忠成田氏長室、
多賀谷重経
資勝資政
テンプレートを表示

略歴編集

太田資正の五男[3]として誕生。母方の潮田氏を継ぐ。太田氏の親族潮田常陸介の養子になったという説もある。

当初は父・資正に従ったが、兄・太田氏資が父を追放して以降は兄に従った。永禄3年(1560年)、寿能城を築く。小田原征伐には嫡男・資勝と共に小田原城に馳せ参じ籠城し、外郭の井細田口の守備をし討死を遂げる。

次男・資政は寿能城より脱出し、伯父の太田資武の庇護を受けたのち、土井利勝に仕え、古河藩家老となり、子孫は存続した。

脚注編集

  1. ^ 景資を資正の四男とする系譜と三男・資武の初名とする系譜がある。
  2. ^ 現在の埼玉県さいたま市大宮区寿能町。
  3. ^ 四男とも(『潮田系図』)