潮風の診療所〜岬のドクター奮戦記〜

潮風の診療所〜岬のドクター奮戦記〜(しおかぜのしんりょうじょ・みさきのドクターふんせんき)は、2007年6月22日に、フジテレビの「金曜プレステージ」枠にて放映されたテレビドラマ

北海道浜中町霧多布村にて、半世紀近く地域医療に奮闘した医師・道下俊一の半生を描いている。

あらすじ編集

時は平成。医師・道下俊一は札幌の病院で大動脈瘤の手術を受け、妻・敏子の看病を受けながら入院生活を送っていた。ある日、二人のもとに1通の手紙が届く。それは、俊一が40年以上もの間、医師として過ごした霧多布村の建設会社社長・北村からのものだった。医者を引退し、札幌に留まろうと考えていた俊一だったが、この手紙がきっかけで引退を断念、敏子とともに再び霧多布村に戻った。

札幌から戻った道下夫妻を出迎えてくれたのは、浜中町役場の職員・塩崎昌之だった。昌之の母・明子は俊一が救った患者のひとりで、俊一に医師としてやっていく自信と勇気を与えてくれた。俊一は霧多布村に派遣されてからの40数年を振り返る……。

昭和27年3月4日、霧多布村は十勝沖地震にともなう津波で深刻な被害を受けていた。その復興のため、霧多布村は北海道大学に医師の派遣を要請した。白羽の矢が立ったのは、医局で研究に従事していた俊一だった。俊一は教授に説得され、1年間の期限で霧多布村の釧路赤十字病院浜中診療所に赴任する。俊一は当時26歳、敏子とはまだ結婚したばかりだった。最初はよそ者の俊一と敏子に冷たかった霧多布の人々だったが、窮地を救っていくうちに徐々に受け入れられ、村にはなくてはならない存在になっていく。

2度の外科手術、赤痢の蔓延、任期満了の時が近づくたびに引止めに来る霧多布の人々、赤十字の撤退と町立病院への移行、昭和35年チリ地震がもたらした悲劇……様々な出来事のなかで、俊一は霧多布を『ふるさと』と考えるようになっていく。

キャスト編集

主人公。霧多布村に派遣された医師で、専門は内科
俊一の妻。
藻散布に住む船頭。熱を出した孫・孝を助けるため、診療所に駆け込む。
建設会社の社長。最初は俊一を見下していたが、ある事件をきっかけに親交を深めるようになる。
浜中町役場の職員。札幌から帰ってきた道下夫妻を最初に出迎えてくれた。
俊一が霧多布村に派遣されたときの村長。「いつか必要とされる時が来る」と俊一を励ます。
俊一の父。札幌に『道下病院』の土地を用意して、息子の帰りを待っている。
俊一の母。息子が札幌で開業医をしてくれることを願っている。
膝に痛みを抱える老女で、俊一と親交が深い。夫と息子を戦争で亡くした。
昌之の祖母。夫を津波で亡くし、生活が厳しい。
俊一の上司。霧多布へ行くことを渋る俊一を説得する。
昆布漁師。神経痛を患う父を持つ。
浜中診療所の看護師。
浜中診療所の看護師。
浜中診療所のレントゲン助手。のちに漫画家モンキー・パンチとして成功をおさめる。
昌之の母。10歳のとき盲腸炎にかかるが、俊一の内科の範疇をこえた手術により回復する。
出産が遅れていた妊婦。明子と同じく、俊一の内科専門外の執刀を受け、娘・いずみを出産する。
北島の建設会社の従業員。赤痢にかかる。
霧多布村の村民。霧多布に残ってもらおうと、他の村民と一緒に俊一を説得する。
伝蔵の妻で、孝の祖母。
伝蔵の義理の嫁で、孝の母。
清吉の妻。
助産婦。

スタッフ編集