メインメニューを開く
地図

潮風公園(しおかぜこうえん)は、東京都品川区東八潮にある都立公園である。1974年6月1日開園、面積は約154940平方メートル。開園当時の名称は「13号地公園」であった。

目次

概要編集

お台場海浜公園東八潮緑道公園を結ぶ。

園内の海側は全て舗装された遊歩道となっており、観光を楽しむ人の他に、日光浴ジョギングサイクリング釣りをする人が多い。都心方面から羽田空港方面まで東京港全体を見渡すことができ、空気が澄んだ日には富士山が見えることもあって、見晴らしは隣接するお台場海浜公園よりも良い。

水と緑のプロムナードは公園南地区のメインストリートで、南中央出入口と噴水広場を結ぶ。真ん中には噴水があり、ストリート全体にワシントンヤシとカスケードが立ち並び南国の雰囲気がある。

噴水広場は夏場は特に子供達でにぎわう。すぐ近くには船の形をしたコンビネーション遊具しおかぜ丸があり、こちらも子供達でにぎわう。

公園中央に東京湾岸道路国道357号首都高速湾岸線)が通り、公園を南北に分けている。この道路は途中で海底へ潜って東京港トンネルへ抜ける。海底へ潜ったところに湾岸線の換気塔が大きくそびえ立つ。2012年までは、その換気塔の海側に潮風橋があり、公園内で南北間を行き来する手段はこの橋だけであったが、東日本大震災の影響や経年劣化に伴い、撤去された。

公園北側に行くと、バーベキュー広場がある。

潮風公園島の日曜の午後と名づけられた彫刻は特にユニークで、正面から見た形と横から見た形では、全く別の形に見えてしまう。夕陽の塔は、夕陽を背景にしたシルエットが印象的である。夕陽の塔から北中央出入口までは街と海のプロムナードが伸びる。

太陽の広場はかなり広大で開放的な芝生広場で、子供達の他にも犬などが走り回っている。

海と対岸の天王洲アイルが見えるためロケーションが良く、更にフジテレビから近いこともあり、テレビ番組や写真の撮影場所として使用されることが多い。入園は無料であるが、撮影は勿論事前に申請を出し、当日には使用料を払う必要がある。

散歩・ジョギングコース編集

信号が無い・が通らない・でも比較的明るい・景色が良い・通路が整備されているなどという点から、下記のコースは散歩ウォーキングジョギングサイクリングなどの定番コースである。下記コースは全て隔たり無く連結している。徒歩では片道1時間程度。ただし台場公園はサイクリング不可。

イベント編集

アクセス編集

以前は東京水辺ライン東京都観光汽船が運行していて「青海(船の科学館)」で下船して徒歩3分であったが、現在は運休している。

周辺施設編集

脚注編集

外部リンク編集