澄覚法親王

鎌倉時代の法親王

澄覚法親王(ちょうかくほっしんのう、承久元年(1219年) - 正応2年4月18日(1289年5月9日))は、鎌倉時代天台宗三千院門跡。父は後鳥羽天皇の皇子雅成親王。母は藤原親経の娘。房号は円融房。

澄覚法親王
続柄 雅成親王王子

称号 菩提院
身位 三品・法親王
出生 承久元年(1219年
死去 正応2年4月18日(1289年5月9日)(享年71)
父親 雅成親王
母親 藤原親経
役職 天台座主
テンプレートを表示

略歴編集

比叡山に入り、梶井門跡尊快入道親王に師事して出家し、真仙僧正から灌頂を受けた。1265年文永2年)天台座主に任じられ、亀山天皇(後鳥羽天皇の曾孫)の護持僧となった。その後、一旦辞退したが1271年(文永8年)再び護持僧に任じられ、元寇の危機感が高まる中で異国降伏の祈祷を行っている。