澤井 繁男(さわい しげお、1954年1月13日 - )は、日本作家、評論家、エッセイスト、イタリアルネサンス文学・文化研究家、元関西大学文学部教授、放送大学(大阪学習センター)非常勤講師。本名は茂夫。

人物編集

北海道札幌市生まれ[1]北海道札幌南高等学校から、東京外国語大学外国語学部イタリア語学科を卒業[1]京都大学大学院でイタリア文学を専攻。イタリア・ルネサンス思想の権威清水純一教授に師事。京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得満期退学[1]東京外国語大学時代、第19次『新思潮』に参加して小説を書いた。伊藤整フォークナーパヴェーゼに私淑。1999年、東京外国語大学論文博士(学術)取得[1]

若い頃から腎臓を患い、27歳で人工透析を始め、34歳で臓器移植を受け、44歳で再度透析を始めるという苦闘の年月を送りつつ、イタリア・ルネサンス文学・文化の研究を続ける。その後、試みた腹膜透析は、腹膜炎を併発して1年9ヶ月で失敗。再々度人工透析に戻る。人工透析・臓器移植、さらに腹膜透析の体験をもとに、教育・医療問題にも関心を寄せ、エッセイや評論を発表。1999年12月21日「朝日新聞」紙上で、鷲田清一身体論に対して、「身体を論じる哲学者はみな健康で、それゆえ『肉体』をなおざりにしているのではないか」(大意)と論じた。

三田文学』『海燕』『新潮』『文學界』などに作品を発表している。織田作之助賞青春賞選考委員(2005-09年)。長期間、駿台予備学校英語科講師を務めた後、2004年より関西大学文学部教授。(2019年3月末日定年退職)

受賞歴編集

著書編集

  • 『ユートピアの憂鬱 カンパネッラ『太陽の都市』の成立』海鳴社 1985
  • 『魔術の復権 イタリア・ルネサンスの陰と陽』人文書院 1989
  • 『いのちの水際を生きる 透析・腎移植を経て』人文書院 1992
  • 『錬金術 宇宙論的生の哲学』講談社現代新書 1992
  • 『第1創作集(短編集) 旅道』編集工房ノア 1994
  • 『ルネサンス文化と科学』山川出版社 1996
  • 『ルネサンスの知と魔術』山川出版社 1998
  • 『魔術と錬金術』ちくま学芸文庫 2000
  • 『臓器移植体験者の立場から』中央公論新社 2000
  • 『第2創作集(短編集) 実生の芽』白地社 2000
  • 『イタリア・ルネサンス』講談社現代新書 2001
  • 『ナポリの肖像 血と知の南イタリア』中公新書 2001
  • 『誰がこの国の英語をダメにしたか』日本放送出版協会生活人新書 2001
  • 『ルネサンス』岩波ジュニア新書 2002
  • 『英文読解完全マニュアル』ちくま新書 2002
  • 『魔術との出会い いま、再びルネサンスを』山川出版社 2003
  • マキアヴェリ、イタリアを憂う』講談社選書メチエ 2003
  • 『第3創作集(長編) 一者の賦』未知谷 2004(京都新聞朝刊連載)
  • 『第4創作集(短編集) 鮮血』未知谷 2004
  • 『第5創作集(短編集) 時計台前仲通り』編集工房ノア 2004
  • 『腎臓放浪記 臓器移植者からみた「いのち」のかたち』平凡社新書 2005
  • 『「ニートな子」をもつ親へ贈る本』PHP研究所 2005
  • 『文藝批評 生の系譜 作品に読む生命の諸相』未知谷 2005 第1批評集
  • 『京都の時間。京都の歩きかた。』淡交社 2006
  • 『第6創作集(長編) 天使の狂詩曲』未知谷 2007
  • 『「烏の北斗七星」考―受容する“愛国”』未知谷 2007 第2批評集
  • 『からだ、不可解なり』日外アソシエーツ 2007
  • 『教育パパ血風録』日外アソシエーツ 2007
  • 『魔術師たちのルネサンス 錬金術からコスモロジーへ』青土社 2010
  • 『第7創作集(短編集) 鬼面・刺繍』鳥影社 2010
  • 『第8創作集(短編集) イルミネイション』風濤社 2012
  • 『第9創作集(短編集) 若きマキアヴェリ』東京新聞出版局 2013
  • 『評伝 カンパネッラ』人文書院、2015
  • 『第10創作集(短編集) 絵』鳥影社、2015
  • 『第11創作集(中編) 復帰の日』作品社、2016
  • 『第12創作集(長編) 外務官僚マキアヴェリ 湊都ピサ奪還までの十年』未知谷、2017
  • 『ルネサンス再入門 複数形の文化』平凡社新書、2017
  • 『第13創作集(短編集) 助教・横田弘道/ダヴィデ像』水声社、2017
  • 『第14創作集(長編) 八木浩介は未来形』未知谷、2018
  • 『自然魔術師たちの饗宴 ルネサンス・人文主義・宗教改革の諸相』春秋社、2018
  • 『第15創作集(短編連作集) 三つの街の七つの物語』未知谷、2019
  • 『第16創作集(長編) 安土城築城異聞』未知谷、2019(中外日報連載)
  • 『第17創作集(長編) 北区西ケ原 留学!できますか?』未知谷、2020
  • 『カンパネッラの企て―神が孵化するとき』新曜社、2021
  • 『検証伊藤整―戦時下と敗戦後の諸作品』藤田印刷エクセレントブックス、2021
  • 『澤井繁男 小説・評論集』平凡社、2022

翻訳編集

受験問題集「編著」ほか編集

  • 『クックの小屋はごみテレビ(本文担当)』吉村元男監修 文研出版、1980
  • 『現代英語入試問題の諸相』山口書店、初版1985、新訂版1989、三訂版1998
  • 『イフェクティヴ長文読解』竹岡広信共著、エスト出版、1996

監修/責任編集編集

  • 『アニメ・コミックから読み解く錬金術』宝島社、2004
  • 『「錬金術」がよくわかる本 賢者の石からエリクサー、ホムンクルスまで』PHP文庫、 2008
  • 『イタリアルネサンス文学・哲学コレクション (全6巻)』 水声社、2019-2021

脚注編集

  1. ^ a b c d 澤井 繁男 - 春秋社 ―考える愉しさを、いつまでも”. www.shunjusha.co.jp. 2021年11月7日閲覧。
  2. ^ 日本翻訳文化賞歴代受賞作品”. japan-s-translators.com. NPO法人日本翻訳家協会. 2021年11月7日閲覧。