澤村田之助 (5代目)

五代目 澤村田之助(ごだいめ さわむら たのすけ、新字体:沢村明治35年(1902年10月11日 - 昭和43年(1968年12月3日)は、歌舞伎役者。屋号紀伊國屋定紋釻菊、替紋は波に千鳥俳名に曙山(しょざん)。本名は山中 宗次郎(やまなか そうじろう)。

ごだいめ さわむら たのすけ
五代目 澤村田之助
屋号 紀伊國屋
定紋 釻菊 Kangiku inverted.png
生年月日 1902年10月11日
没年月日 (1968-12-03) 1968年12月3日(66歳没)
本名 山中 宗次郎
襲名歴 1. 三代目澤村由次郎
2. 五代目澤村田之助
3. 澤村曙山
俳名 曙山
出身地 東京
七代目澤村宗十郎
兄弟 五代目助高屋高助
八代目澤村宗十郎
六代目澤村田之助
二代目澤村六郎
五代目澤村由次郎

人物編集

七代目澤村宗十郎の次男。兄には五代目助高屋高助、弟には八代目澤村宗十郎がいる。

東京の生まれ、明治41年 (1908) 9月に三代目澤村由次郎襲名、東京歌舞伎座の『江戸育御祭佐七』の魚屋の小僧で初舞台。大正9年 (1920) 1月より帝国劇場で五代目澤村田之助を襲名し名題に昇進。

芸は二枚目の和事や若女形等幅広くこなす傍ら、新派の舞台に立ったりヨーロッパへ演劇の研究に行くなど八面六臂の活躍で将来を嘱望されていた。

晩年は不遇で病気がちになり、昭和39年 (1964) に長男の四代目澤村由次郎に六代目澤村田之助を譲り、自らは澤村曙山を名乗って引退した。

外部リンク編集