澤田ふじ子

澤田 ふじ子(さわだ ふじこ、1946年9月5日[1] - )は日本作家時代小説家愛知県半田市生まれ。京都市在住。

愛知県立女子大学(現・愛知県立大学)卒業後、高校教師、西陣織工等の勤めを経て、1973年作家デビュー。以後、時代小説を中心として数々の作品を発表している。娘は小説家の澤田瞳子

目次

略歴編集

作品リスト編集

単行本編集

禁裏御付武士事件簿編集

公事宿事件書留帳編集

足引き寺閻魔帳編集

真贋控帳編集

高瀬川女船歌編集

祇園社神灯事件簿編集

土御門家・陰陽事件簿編集

京都市井図絵編集

主要作品リスト編集

  • 虹の橋
  • 見えない橋
  • 幾世の橋

その他編集

  • 聖徳太子 少年少女伝記文学館2 (1988年9月 講談社)

ほか多数

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.452