メインメニューを開く

濤沸湖(とうふつこ)は北海道東部、網走市小清水町にまたがる汽水湖[1]。面積は約900ha[1]網走国定公園に含まれる。ラムサール条約に登録されている(2005年)[1]

濤沸湖
Lake Tofutsu Aerial photograph.1977.jpg
濤沸湖周辺の空中写真。1977年撮影の31枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。
所在地 北海道オホーツク総合振興局
位置
面積 9.25 km2
周囲長 27 km
最大水深 2.5 m
平均水深 0.7 m
貯水量 - km3
水面の標高 1 m
成因 海跡湖
淡水・汽水 汽水
湖沼型 -
透明度 - m
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

目次

地理編集

砂州が発達した細長い砂丘によりオホーツク海から遮断されているが、湖の北西端でつながっており、汽水湖となっている。湖の西側1kmには藻琴湖がある。

湖の北側、オホーツク海に挟まれた砂州には小清水原生花園がひろがる。

名称の由来編集

アイヌ語の「トプッ(to-put)」(湖・口)に由来する[2]。アイヌ語では湖自体は単に「ト(to)」、すなわち「湖」と呼ばれていたが、和人が湖口の地名を湖の名称とした[3]

自然編集

湖岸の低地には塩性湿地帯が発達しており、なかでもアッケシソウのシーズンには多くの観光客が訪れる。

多くの野鳥が飛来する湖で、ガンカモ類は毎年6万羽以上が飛来する。その他オオヒシクイオオハクチョウヒドリガモミコアイサウミアイサは東アジア地域個体群の1%以上を支えている。オジロワシオオワシといった猛禽類も多く越冬する。日本では珍しいシマアオジが繁殖している。近年ではタンチョウの繁殖が確認されている。

湖内には藻場も発達し魚介類の水揚げもある。

自主ルールの制定編集

環境省の2011年度からの3カ年事業の一環として、自治体、観光協会、農協、漁協、専門家、住民によって特定エリアの立入制限などを設ける自主ルールが策定され、2014年11月1日から運用されることとなった[1]

餌付け編集

2014年現在餌やりは禁止。この湖では、鳥に餌を与えることができる。もとは地元の小学生が白鳥に餌付けしたことから始まったといわれている。餌は食パンの切れ端で、100円で買える。渡り鳥が飛来する頃には多くの観光客が餌を与えている。しかし過度な餌付けは基本的に自然の生態系を著しく乱すものであり、否定的な声もある。

利用編集

カキの養殖、ヤマトシジミアサリの漁獲がある。湖沼性ニシンの増殖試験に地元漁業が取り組んでいる。

交通編集

ギャラリー編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e “濤沸湖の自然守りたい 来月から立ち入り制限など自主ルール ガイド育成は間に合わず”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2014年10月26日). http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki3/570775.html 
  2. ^ 本多 貢 (1995-01-25). 児玉 芳明. ed (日本語). 北海道地名漢字解. 札幌市: 北海道新聞社. p. 65. ISBN 4893637606. OCLC 40491505. https://www.worldcat.org/oclc/40491505 2018年10月16日閲覧。. 
  3. ^ アイヌ語地名リスト ツキサ~トヨコ P81-90P”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2018年10月31日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集