メインメニューを開く

濱下 武志(はました たけし、1943年11月20日 - )は、日本歴史学者東アジア近代経済史)。静岡県立大学グローバル地域センター副センタ―長・特任教授東京大学名誉教授新字体浜下 武志(はました たけし)とも表記される。

濱下 武志
(はました たけし)
生誕 (1943-11-20) 1943年11月20日(76歳)
日本の旗 静岡県静岡市
居住 日本の旗 日本
イギリスの旗 イギリス
フランスの旗 フランス
国籍 日本の旗 日本
研究分野 歴史学
研究機関 一橋大学
東京大学
京都大学
龍谷大学
静岡県立大学
出身校 東京大学文学部卒業
東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了
東京大学大学院人文科学研究科博士課程退学
指導教員 田中正俊
主な指導学生 本野英一
吉澤誠一郎
川島真
主な受賞歴 アジア・太平洋賞大賞
1991年
福岡アジア文化賞学術研究賞
2006年
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

一橋大学経済学部助教授社会科学高等研究院主任研究員東京大学東洋文化研究所所長、京都大学東南アジア研究センター教授龍谷大学国際文化学部教授などを歴任した。

来歴編集

静岡県立静岡高等学校を経て、1972年東京大学文学部東洋史学科を卒業。1974年、同大学の大学院修士課程修了、1978年、同大学院大学院博士課程中途退学。イギリス領香港に所在する香港大学に勤務。

1979年一橋大学経済学部専任講師、1981年助教授1982年東京大学東洋文化研究所助教授、1988年教授2000年京都大学東南アジア研究センター(のちに東南アジア研究所)教授、および、東京大学東洋文化研究所附属東洋学研究情報センター客員教授2006年4月より龍谷大学国際文化学部教授。2012年より静岡県立大学グローバル地域センターの特任教授となり、副センタ―長に就任した[1]

関係者編集

田中正俊に師事した。

東京大学東洋文化研究所時代に多くの後進を育成したことで知られ、門下生に、本野英一早稲田大学)、飯島渉青山学院大学)、吉澤誠一郎東京大学)、川島真(東京大学)などがいる。

略歴編集

賞歴編集

著作編集

単著編集

  • 『中国近代経済史研究――清末海関財政と開港場市場圏』(汲古書院, 1989年)
  • 『近代中国の国際的契機――朝貢貿易システムと近代アジア』(東京大学出版会, 1990年)
  • 『香港――アジアのネットワーク都市』(ちくま新書 1996年)
  • 『朝貢システムと近代アジア』(岩波書店 1997年)
  • 『沖縄入門――アジアをつなぐ海域構想』(ちくま新書 2000年)
  • 『華僑・華人と中華網 移民・交易・送金ネットワークの構造と展開』(岩波書店 2013年)

編著編集

  • 『東アジア世界の地域ネットワーク』(山川出版社 1999年)

共編著編集

脚注編集

関連項目編集