メインメニューを開く

濱田 美和子(はまだ みわこ、旧姓:松木、1958年10月22日 - )は、日本歌手振付師作曲家作詞家東京都出身。血液型はB型。父は元プロ野球選手松木謙治郎

濱田 美和子
出生名 松木 美和子
別名 松木 美和子
濱田“Peco”美和子
ペコさん
生誕 (1958-10-22) 1958年10月22日(61歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
学歴 東京女学館高等学校
ジャンル J-POP
ポップ
職業 歌手
コーラス
振付師
作曲家
作詞家
活動期間 1978年 -

経歴編集

3歳のときよりクラシックバレエ、タップダンス、ピアノを始める。

1977年東京女学館高校3年生の時にニッポン放送主催の『全国フォーク音楽祭』にてグランプリを受賞し、1978年松木美和子としてシングル「エピローグ」でコロンビアレコードよりデビューする。その後、浜崎あゆみをはじめ、松任谷由実TUBEなどのアーティストのライブやレコーディングに参加。

また、振付師としては、代表作として2007年藤岡藤巻大橋のぞみ崖の上のポニョ」や2011年薫と友樹、たまにムック。マル・マル・モリ・モリ!」などがある[1]

ディスコグラフィー編集

松木美和子名義
1st エピローグ 1978年10月1日 01. エピローグ
02. お人形
作詞:たかたかし
作曲:高橋拓也、林哲司
編曲:大谷和夫

主な楽曲提供編集

出演編集

CM編集

PV編集

著書編集

受賞編集

  • 1975年 - 第4回ヤマハ・ジュニア・オリジナル・コンサート 特別優秀賞

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ “マルモリコンビ”でモテ新曲、「サトウの切り餅」CMの福島和可菜歌う。”. ナリナリドットコム (2012年1月4日). 2018年7月31日閲覧。

外部リンク編集