浜田玄達

日本の医学者
濱田玄達から転送)

浜田 玄達(はまだ げんたつ、嘉永7年11月26日1855年1月14日) - 1915年大正4年)2月16日)は、日本産婦人科医

浜田玄達
浜田玄達

経歴編集

 
1888年プロイセン王国ベルリン市にて日本人留学生と[1]。前列左より河本重次郎山根正次田口和美片山國嘉石黑忠悳隈川宗雄尾澤主一[2]。中列左から森林太郎武島務中濱東一郎、佐方潜蔵(のち侍医)、島田武次(のち宮城病院産科長)、谷口謙瀬川昌耆北里柴三郎江口襄[2]。後列左から濱田、加藤照麿北川乙治郎[2]

熊本藩出身。宇土郡里浦村(現・宇城市三角町大岳)に生まれる[3]。古城医学所でマンスフェルトに師事したのち[3]大学東校を経て、1880年明治13年)に東京大学医学部を卒業。同年、熊本医学校教頭・病院御用掛となり、病院長、校長を歴任した。1884年(明治17年)から1888年(明治21年)までドイツに留学し、シュトラスブルク大学ミュンヘン大学で学んだ。東京帝国大学医科大学教授に就任し、第一医院産科婦人科教室主任となり、産婆養成所を設置した。1891年(明治24年)に医学博士の学位を得た。1896年(明治26年)から医科大学長を務めた。1900年(明治33年)に退官し、東京産科婦人科病院(のち浜田病院)を創設して院長に就任した。1903年(明治36年)に宮内省御用掛となり、1914年大正3年)に東京帝国大学名誉教授の称号を得た。熊本県近代文化功労者[3]

著書編集

  • 『産婆学』(秋香堂、1891年)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 石黑忠悳著『石黑忠悳懷舊九十年』博文館1936年、241頁。(ページ番号記載なし)
  2. ^ a b c 石黑忠悳著『石黑忠悳懷舊九十年』博文館1936年、242頁。(ページ番号記載なし)
  3. ^ a b c 熊本日日新聞社編纂・発行 『熊本県大百科辞典』、1982、665-666頁

参考文献編集

  • 井関九郎『大日本博士録 第弐巻』発展社、1922年。