メインメニューを開く

濱野 健(はまの たけし、1947年8月27日[1] - )は、日本政治家東京都品川区長(4期)。

濱野 健
はまの たけし
生年月日 (1947-08-27) 1947年8月27日(71歳)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県茅ヶ崎市
出身校 早稲田大学第一政治経済学部
公式サイト はまの健 品川区長

当選回数 4回
在任期間 2006年10月8日 - 現職
テンプレートを表示

目次

略歴・人物編集

神奈川県茅ヶ崎市出身。生家は骨董屋[2]。1973年、早稲田大学第一政治経済学部卒業。同年、品川区役所入所。総務部職員課長、企画部長を経て、2000年に品川区助役に就任。

2006年8月21日、品川区長の高橋久二が在任中に死去。高橋の死去に伴い10月8日に実施された品川区長選に自民党民主党公明党社民党の推薦を受けて立候補。元都議の内藤尚、元区議の桜井恵子ら4候補を破り初当選を果たした[3]

2010年、日本共産党推薦の候補者を破り再選。2014年、共産党推薦の候補者を破り3選。投票率は過去最低の23.22%[4]

高橋区政を引き継ぎ、区内の小・中学校の一貫校化に尽力した[2]

2018年品川区長選挙編集

2018年2月21日、任期満了に伴う区長選に4選を目指して立候補する意向を表明した[5]。その後、元安倍晋太郎秘書・元自民党都議の佐藤裕彦[6]と西本貴子区議が立候補の意向を表明[7][8]。佐藤は立憲民主党日本共産党自由党都民ファーストの会の推薦を取り付け、羽田空港の新ルート案撤回を公約とし、西本も羽田空港新ルート反対の姿勢を明確に押し出した[9]

同年9月30日執行の区長選は、現区政の批判票が佐藤と西本に割れたことにより(両名を合わせた得票率は51.87%)、自民党・公明党の推薦を得た濱野が4選を果たした[10]

※当日有権者数:322,699人 最終投票率:32.71%(前回比:+9.49ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
濱野健71無所属49,965票48.13%(推薦)自由民主党公明党
佐藤裕彦60無所属37,607票36.23%(推薦)立憲民主党日本共産党自由党都民ファーストの会
西本貴子57無所属16,240票15.64%

脚注編集

外部リンク編集