瀘州(ろしゅう)は、中国にかつて存在した南北朝時代から民国初年にかけて、現在の四川省瀘州市一帯に設置された。

魏晋南北朝時代 編集

南朝梁大同年間(535年 - 546年)に設置された[1]

隋代 編集

初には、瀘州は2郡5県を管轄した。583年開皇3年)、が郡制を廃すると、瀘州の属郡は廃止された。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、瀘州は瀘川郡と改称され、下部に5県を管轄した[2]。隋代の行政区分に関しては下表を参照。

隋代の行政区画変遷
区分 開皇元年 区分 大業3年
瀘州 瀘川郡
東江陽郡 洛源郡 瀘川県 綿水県
江安県 合江県
富世県
瀘川県 綿水県
漢安県 合江県
富世県

唐代 編集

618年武徳元年)、により瀘川郡は瀘州と改められた。742年天宝元年)、瀘州は瀘川郡と改称された。758年乾元元年)、瀘川郡は瀘州の称にもどされた。瀘州は剣南道に属し、瀘川・綿水・江安・涇南・合江・富義の6県を管轄した。瀘州は納州・薛州・晏州・鞏州・順州・奉州・思峨州・能州・淯州・浙州の10州を都督した[3]

宋代 編集

北宋のとき、瀘州は潼川府路に属し、瀘川・江安・合江の3県を管轄した。南宋のとき、納渓県が加増された。南井監と楽共城・九支城・武都城を管轄した。羈縻州として納州・薛州・晏州・鞏州・順州・奉州・思峨州・能州・淯州・浙州・長寧州・定州・宋州・悦州・藍州・溱州・高州・姚州の18州を管轄した[4]

元代 編集

のとき、瀘州は重慶路に属し、納渓・江安・合江の3県を管轄した[5]

明代以降 編集

1373年洪武6年)、により瀘州は直隷州に昇格した。瀘州直隷州は四川省に属し、納渓・江安・合江の3県を管轄した[6]

のとき、瀘州直隷州は四川省に属し、納渓・江安・合江の3県を管轄した[7]

1912年中華民国により瀘州直隷州は廃止され、瀘県と改められた。

脚注 編集

  1. ^ 隋書』地理志上に「梁置瀘州」といい、『太平寰宇記』巻88に「梁大同中置瀘州、遠取瀘川為名」という。
  2. ^ 隋書』地理志上
  3. ^ 旧唐書』地理志四
  4. ^ 宋史』地理志五
  5. ^ 元史』地理志三
  6. ^ 明史』地理志四
  7. ^ 清史稿』地理志十六