瀧川鯉八

瀧川 鯉八(たきがわ こいはち、1981年3月27日 - )は、落語芸術協会所属の落語家。本名は、吉田 誠(よしだ まこと)。瀧川鯉昇の弟子であり、現在二ツ目鹿児島県鹿屋市出身。

瀧川 鯉八たきがわ こいはち
本名 吉田 誠
(よしだ まこと)
生年月日 (1981-03-27) 1981年3月27日(36歳)
出身地 日本の旗 日本鹿児島県鹿屋市
師匠 瀧川鯉昇
名跡 1. 瀧川鯉八(2006年 - )
出囃子 山羊さん郵便
活動期間 2006年 -
活動内容 落語
お笑い
所属 落語芸術協会
受賞歴
2011年 NHK新人演芸大賞落語部門 ファイナリスト
2015年 NHK新人落語大賞 ファイナリスト
2015年 渋谷らくご大賞

目次

人物編集

  • 法政大学[1]在学中に落語研究会に所属。春風亭柳昇の弟子三人による『柳昇チルドレンの会』で聴いた瀧川鯉昇に衝撃を受け入門を決意[2]
  • 林家きく麿に顔が似ている。きく麿の真打昇進パーティで受付を担当したところ親戚が間違えるほどのレベル。これをきっかけに《新作カフェVol.2》林家きく麿・瀧川鯉八 二人会が開催されている[2]
  • 同じ落語芸術協会に所属する三遊亭小笑は中学時代の幼馴染である[3]
  • 新作ユニット「ソーゾーシー」に所属している。

落語編集

ほとんどの高座で自作の新作落語を口演する。人間の心の狭量さや、物語の始まりを渇望する心理など、これまで落語が描くことのなかったテーマを追求した作品が多い。

芸歴編集

  • 2006年8月 瀧川鯉昇入門 前座名「鯉八」
  • 2010年8月 二ツ目昇進
  • 2011年11月 平成23年度 NHK新人演芸大賞落語部門 決勝進出
  • 2012年7月 CD『新宿末廣亭深夜寄席 ~百花繚乱編~』に自作口演『やぶのなか』が収録される
  • 2013年7月 書籍『新作落語傑作読本(3)』(落語ファン倶楽部・編)に自作『暴れ牛奇譚』が収録される。
  • 2015年10月 平成27年度 NHK新人落語大賞 決勝進出[4]
  • 2015年12月 第1回渋谷らくご大賞(おもしろい二ツ目賞)受賞[5]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 法政大学落語研究会 沿革史”. 2015年11月2日閲覧。
  2. ^ a b 噺-HANASHI- 林家きく麿・瀧川鯉八”. 2015年11月13日閲覧。
  3. ^ 第2回ソーゾーシー http://s-z-s.net/talk/koihachi-kosyo/
  4. ^ NHK新人落語大賞は桂佐ん吉、チョコプラの公約に便乗し「朝ドラ出たい」”. お笑いナタリー (2015年10月27日). 2015年12月19日閲覧。
  5. ^ 渋谷らくご”. 2015年12月23日閲覧。林家彦いちプレゼンツ 創作らくごネタおろし会「しゃべっちゃいなよ」&各賞授賞式

関連事項編集

外部リンク編集