瀧花久子

1906-1985, 女優。

瀧花 久子(たきはな ひさこ、本名:田坂 冨美子(たさか ふみこ)、1906年明治39年)3月4日 - 1985年昭和60年)2月12日)は、日本の女優。京都府京都市出身。滝花久子と表記される場合もある。

たきはな ひさこ
瀧花 久子
瀧花 久子
本名 田坂冨美子(旧姓・瀧花)
生年月日 (1906-03-04) 1906年3月4日
没年月日 (1985-02-12) 1985年2月12日(78歳没)
出生地 京都府京都市河原町三条[1](現・中京区
職業 女優
配偶者 田坂具隆
テンプレートを表示

来歴編集

河原町三条に生まれる[1]父親は、新京極帝國館の人気活動弁士だった。京都銅駝尋常小学校出身で、同級生には宮川一夫がいた。[要出典]マキノ雅弘も、北野の新居が竣工するまで一時同級に在籍しており、このころの滝花について後年「女の子ながらガキ大将で、私(マキノ)も、私の姉弟も、みんな彼女の子分であった」と語っている[2]

1924年大正13年)に華頂高等女学校を卒業[1]。翌1925年日活へ入社した[1]。ヒロイン女優として人気を得る[1]

1931年(昭和6年)、映画監督の田坂具隆と結婚[1]

1932年(昭和7年)、夫の田坂と共に一時日活を離れたが、3年で復帰[要出典]。その後は演技派女優として数多くの映画に出演した。

1985年(昭和60年)2月12日死去。享年80(78歳没)[1]

出演作品編集

映画編集

 
『-喜劇- 汗』(1929年)
左から 島耕二、瀧花久子、田村邦男

テレビドラマ編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 新撰 芸能人物事典 明治~平成. “滝花 久子”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年6月29日閲覧。
  2. ^ マキノ雅弘『映画渡世・天の巻 マキノ雅弘伝』平凡社、2002年、[要ページ番号]

外部リンク編集