瀬名 秀明(せな ひであき、1968年1月17日 - )は、日本SF作家ホラー作家。瀬名秀明事務所代表。第16代日本SF作家クラブ会長。学位は博士(薬学)で、薬剤師の免許を取得している。近年はロボット関係の著述活動に力を入れている。公式のローマ字表記はSENA Hideaki

瀬名 秀明
(せな ひであき)
誕生 鈴木 秀明
(1968-01-17) 1968年1月17日(52歳)
静岡県静岡市葵区瀬名
職業 SF作家
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 東北大学大学院薬学研究科
ジャンル SFホラー
代表作パラサイト・イヴ』(1995年)
主な受賞歴 日本ホラー小説大賞(1995年)
デビュー作 『パラサイト・イヴ』(1995年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

来歴編集

東北大学大学院薬学研究科在学中に『パラサイト・イヴ』で作家デビューした。高校時代に創刊されたハヤカワ文庫モダンホラー・セレクションを全て読み、大学・大学院進学後は(大学がある)仙台市丸善でモダンホラー小説の原書を購入して愛読し、日本ホラー小説大賞への応募を決めた後は国産ホラー小説も読むようになった[1]。大学院修了後、宮城大学講師を経て、東北大学工学部の特任教授(SF機械工学企画担当)に就任。講義などは行わず、大学の広報活動やロボット工学に関する作品の執筆、一般向けの講演活動を行い、文芸誌や科学誌で科学と人間に関したコラムや対談を多くこなした。本人のウェブサイトによると、2009年に航空機の操縦免許を取得したという。

父は中部大学教授でインフルエンザウイルス研究者の鈴木康夫で、瀬名の著書『インフルエンザ21世紀』の監修を行った。

映画監督押井守のファンで、『機動警察パトレイバー the Movie』と『機動警察パトレイバー2 the Movie』を好きな作品に挙げる。

略歴編集

著作編集

小説編集

ノンフィクション編集

  • 小説と科学 文理を超えて創造する(1999年4月23日 岩波書店
    • 【増補・改題】ハートのタイムマシン! 瀬名秀明の小説 / 理科倶楽部(2002年11月25日 角川文庫)
  • ロボット21世紀(2001年7月20日 文春新書
  • おとぎの国の科学(2006年6月30日 晶文社
  • 瀬名秀明ロボット学論集(2008年12月20日 勁草書房
  • 大空の夢と大地の旅 ぼくは空の小説家(2009年9月25日 光文社)
  • インフルエンザ21世紀(2009年12月20日 文春新書)
  • ロボットとの付き合い方、おしえます(2010年10月30日 河出書房新社
  • 世界一敷居が低い最新医学教室(2011年4月15日 ポプラ社
  • 科学の栞 世界とつながる本棚(2011年12月30日 朝日新書
  • SF作家 瀬名秀明が説く! さあ今から未来についてはなそう(2012年11月5日 技術評論社
  • 100分de名著アーサー・C・クラーク」スペシャル 2020年3月(2020年3月1日 NHK出版[5]

共著編集

アンソロジー編集

「」内が瀬名秀明の作品

編著編集

  • 贈る物語 Wonder(2002年11月25日 光文社)
    • 【改題】贈る物語 Wonder すこしふしぎの驚きをあなたに(2006年11月20日 光文社文庫)
  • ロボット・オペラ(2004年6月25日 光文社)
  • 科学の最前線で研究者は何を見ているのか(2004年7月20日 日本経済新聞社
  • サイエンス・イマジネーション 科学とSFの最前線、そして未来へ(2008年8月3日 NTT出版

解説編集

  • 星新一『星新一 すこしふしぎ傑作選』(2013年11月10日 集英社)
  • 瀬名秀明解説全集+α(2008年2月1日 e-novels)

脚注編集

  1. ^ a b c 【始まりの1冊】『パラサイト・イヴ』1995年 瀬名秀明さん 大学院の研究をホラーに『読売新聞』朝刊2020年5月17日
  2. ^ 日本ホラー小説大賞 受賞作品”. 2020年2月27日閲覧。
  3. ^ 日本SF大賞”. 2020年2月27日閲覧。
  4. ^ a b 歴代会長・事務局長”. 2020年2月27日閲覧。
  5. ^ 2020年2月25日発売。https://www.nhk-book.co.jp/detail/000062231092020.html
  6. ^ 2018年7月25日発売。https://www.nhk-book.co.jp/detail/000062230892018.html

外部リンク編集