メインメニューを開く

瀬川(せがわ)は、江戸時代新吉原江戸町松葉屋半右衛門かたの遊女

同名者は、享保から天明まで、9人いた。 そのなかで二代目、四代目、五代目が有名で、ことに宝暦の四代目瀬川は、名妓のほまれを一世にはせた。下総の農家の出身であったが、まれにみる才色双絶で、三味線浄瑠璃太鼓舞踊などの遊芸はもちろん、茶の湯和歌俳諧双六蹴鞠の技にも達していたうえに、文徴明ふうの筆をよくし、の造詣もあった。宝暦5年春、日頃親交のあった丁子屋の遊女雛鶴が落籍されて廓をでるとき、瀬川の送った文に「きみまいらせ候処、此里の火宅をけふしはなれられて、涼しき都へ御根引の花、めづらしき御新枕御浦山敷事はものかは、殊に殿は木、そもじ様は土、一陰陽を起し陽は養にして御一生やしなふといふ字の卦、万人を養育し万人にかしづかるると、頼母敷もめでたき御仲と、ちよつとうらなゐまいらせ候、穴賢」というのをみても、その文藻のゆたかであったことがわかる。のちに御用達の町人江市屋宗助に落籍され、両国薬研堀辺へかこわれたが、じつはある大名の家老が江市屋の名を借りたものとうわさされた。安永4年に五代目瀬川が鳥山検校に落籍されたときは江戸中の評判となって、戯作ができたほどであった。その後の瀬川の突出し(初店)の年月は、大田南畝の『俗耳鼓吹』にある。代々の瀬川が高額で落籍されたので、松葉屋はこのために産をなしたという。